人はなんのため生きるのか?問われ続けてきた哲学の歴史の恩恵

哲学の三つの古典的分類のうち、認識論と存在論について見ていきましょう。認識論とはヒトの外の世界を「どのようにして認識していくか」を問うもので、存在論とは存在全般が共通して持つものを解明するものです。時代が進むにつれてそれぞれの研究は進められながら、どちらか一方が重視されることを繰り返してきました。※本連載は、堀内 勉氏の著書『読書大全』(日経BP)より一部を抜粋・再編集したものです。

存在の認識を問う「認識論」と本質を問う「存在論」

古典的な分類では、哲学は、以下のように認識論、存在論、倫理学の三つに分けられます。

 

①認識論(知識論):世界とそこに存在する事物に対する「認識」を問うもの。

 

②存在論(形而上学):世界とそこに存在する事物の「本質」を問うもの。

 

③倫理学(倫理哲学、道徳哲学):人間の良いあり方や、正しいあり方について問うもの。

 

認識論(独:Erkenntnistheorie、仏:Épistémologie、英:epistemology)は、認識や知識の起源、構造、範囲、方法などについて考察するもので、ヒトの外の世界をいかに認識していくかを問うものです。主題としては、「人はどのようにして物事を正しく知ることができるのか」「人はどのようにして物事について誤った考え方を抱くのか」「人間にとって不可知の領域はあるか、あるとしたらどのような形で存在するのか」などが扱われます。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

認識主体と認識客体のいずれに重点を置いて考えるのかによって、観念論(観念的・精神的なものが外界とは独立してあるという立場)と実在論(概念や観念に対応するものがそれ自体として実在しているという立場)に分かれます。

 

実在論は、対応するものが概念や観念の場合は観念実在論になり、物質や客観の場合は素朴実在論や科学的実在論になります。

 

認識論は、自然科学の分野における科学的認識論と区別して、哲学的認識論とも呼ばれます。

 

存在論(独:Ontologie、仏:Ontologie、英:ontology)は、さまざまに存在するもの(存在者)の個々の性質を問うのではなく、存在者一般に関して、全ての存在者が共通に持つものやその根本的・普遍的な規定を考察し、規定するものです。

 

存在論は、しばしば形而上学と同義に用いられます。形而上学の主題の中心的なものに存在の概念があり、これはアリストテレスが『形而上学』において、存在全般の普遍的原理や原因を解明する学問を「第一哲学」と呼んだことに由来します。

 

これに対して、その原理や原因の結果によって生じた、個々の具体的な存在(自然)を扱う自然哲学(今日の自然科学)を「第二哲学」と呼びました。つまり、アリストテレスは、存在の根本原理や原因を扱う学のほうがより重要であると位置づけ、それを「第一哲学」と呼んだことになります。

多摩大学社会的投資研究所 教授・副所長
多摩大学大学院 特任教授 ボルテックス100年企業戦略研究所 所長

東京大学法学部卒業、ハーバード大学法律大学院修士課程修了、アイ・エス・エル(ISL:Institute for Strategic Leadership)(SLP)修了、東京大学 Executive Management Program(東大EMP)修了。

1984年日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。興銀証券(現みずほ証券)、ゴールドマン・サックス証券を経て、2005年森ビル・インベストメントマネジメント社長に就任。2007年から2015年まで森ビル取締役専務執行役員兼最高財務責任者(CFO)。

ボルテックス100年企業戦略研究所所長、社会変革推進財団評議員、川村文化芸術振興財団理事、アジア・ソサエティ・ジャパンセンター・アート委員会共同委員長、田村学園理事・評議員、麻布学園評議員、軽井沢ソーシャルデザイン研究所理事、ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ理事、アクアイグニス取締役会長、経済同友会幹事、書評サイトHONZレビュアーなどを務める傍ら、資本主義の研究をライフワークとして、多様な分野の学者やビジネスマンと「資本主義研究会」を主催している。

著書に『コーポレートファイナンス実践講座』(中央経済社)、『ファイナンスの哲学』(ダイヤモンド社)、『資本主義はどこに向かうのか』(編著、日本評論社)。

著者紹介

連載哲学と思想、経済と資本主義…「人類の知」の進化を紐解く

読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊

読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊

堀内 勉

日経BP

人類の歴史と叡智を力に変える「最強のブックガイド」。 本書では、歴史に残る300冊を厳選し、さらにその中から200冊に絞って紹介しています。 300冊の一覧表を見ることで、書籍における知の進歩を一望できます。 本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ