50代から枯れる人は「疲労困憊である」という悲しい事実

人が死ぬ時に最も後悔することのひとつが「健康を大切にしなかったこと」だと言います。50代は、からだにほころびが出始める年代。60代以降の健康にも大きく関わるため、生活習慣の見直しや休養の確保、断食に挑戦するなど疲労回復に努めることがオススメです。筆者の実践法をご紹介します。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【オンライン開催(LIVE配信)】5月16日(月)開催
高いリターンと⼀括償却の節税が可能新しい投資商品
「国の補助金(4500万円)×太陽光発電×マイニング事業」
緊急セミナー[法人様限定] 詳しくはこちら>>>

勇気を出して休養を!肉体・内臓の疲労回復

【50代から枯れる人=疲労困憊である

 

ある朝、首が痛くて目が覚めました。

 

その日以来「頸椎症(けいついしょう)」で首が痛くて、手もしびれる感じでなにをするのにもつらくて大変困ったことになってしまいました。

 

頸椎症はそのまま進行すると歩行にまで支障が出て、手術をしなくてはならない病気と言われています。

 

しばらくはだまし、だまし講演を続けていましたが「もう限界!」と思い切って会社を休んで1週間の「湯治治療」に出掛けました。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
50代は、からだにほころびが出始める年代だという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

別府温泉の効能高い秘湯に入って、上手な整体師に全身をほぐしてもらう時を過ごしました。散歩程度はしますが、観光や宴会はしません。

 

宿ではこんこんと眠り続けました。

 

やはり50年以上も生きてきて、いつの間にか体を酷使してきたようで、かなりしつこい疲労が蓄積していたのです。

 

日頃、休養といってもたまの休みに二度寝をするくらいのレベルなので、そうそう回復できていない残念なお年頃なのです。

 

なんともだるい、頭が痛い、目、肩、腰が鉛のよう、胃がもたれるなど50歳を過ぎた人なら経験があることです。

 

私も腰が張り、股関節が歪み、筋肉が引っ張られ、むくんで血流が悪くなり、その影響で首が重症となって表れたようです。

 

積年の宿痾なのでそう簡単には根治はしませんが、ひとまず肉体疲労を徹底的に取ることが大切です。

 

また、内臓疲労も相当たまっているはずです。

 

いつもの過食、酒の飲みすぎのツケが確実にまわってくる年頃が50歳です。

 

私は定期的に伊豆にある「やすらぎの里」という断食施設で半断食をします。

 

当たり前に三食、好きなものを食べている習慣を一度、ストップしてみると最初は戸惑いますが、次第に胃腸や副腎の疲労が取れてくると、自然に脳の疲労も取れてくるのです。

 

脳の疲労が取れてくると、今度は心の疲労が解放される感じがしてきます。

 

タモリさん、ビートたけしさん、福山雅治さん、オバマ前大統領など一日一食の人がいつまでも若いという事実にも驚かされます(摂食障害にならないように断食は専門家の指導の下に実践することをオススメします)。

 

とにかく、50歳を過ぎたら勇気をだして惰性(だせい)のすべての習慣の「ストッピング(立ち止まり)」をしないと蓄積された疲労は抜けないものです。

 

この爽快になる感覚をつかんでおくと「再起力」が身につきます。

 

本来、50代はまだまだ元気で英気溢れる世代です。

 

 

松尾 一也
株式会社ルネッサンス・アイズ

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

 

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

50代から実る人、枯れる人

50代から実る人、枯れる人

松尾 一也

海竜社

50代というのは、仕事においても家庭においてもこれまでと違うことが噴出します。 責任ある大きな仕事を仕切る/子供の教育の総仕上げ/親の介護、看病、見送り…といったライフイベントが迫るかと思えば、一方では、別会社…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ