老後破綻は他人事ではない…「50代から枯れる人」3つの特徴

50代はご自身の体調や周囲の環境の変化により、「実る人」「枯れる人」の分かれ目となる時期です。「実る人」は、自信と余裕であふれています。では、それらはどこから出てくるのでしょう。長年長年人間教育に携わり、稀代のリーダーたちと交わってきた筆者がポイントを解説します。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「あのときあれをしていたら…」執着を手放し覚醒

【50代から枯れる人=執着に踊らされる

 

投資信託で仮に年率5%で運用して、それが複利であれば約15年で元金(がんきん)が2倍になるそうです。

 

「そうかあの時にそれで運用していたらあの貯金は倍になっていたのか〜」と残念な思いと同時に「時は金なり」の真意がわかりました。

 

その他にも「あの時にあの仕事を選択していたらもっと活躍していたんじゃなかろうか」などと思うのも50代の特徴です。

 

「あの時にあの仕事を選択していたらもっと活躍していたのでは…」などと思うのも50代の特徴だという。(※写真はイメージです/PIXTA)
「あの時にあの仕事を選択していたらもっと活躍していたのでは…」などと思うのも50代の特徴だという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

このように、色々なことに対し、人は「念」が残るものです。

 

しかし、私は仏教の教えを長年学んできたなかで、人間にとって執着を手放すことが「覚醒」の第一歩であると気づかされました。

 

55歳の誕生日の朝、顔を洗おうとした時、「あっ、振り返れば自分にはこの道しかなかった!」という言葉が天から降ってきたのです。

 

18歳くらいからあれやこれやと試行錯誤を繰り返しながら生きてきました。

 

大学受験、恋愛、就職、起業、結婚、事業継承、独立、ビジネスモデルの構築、たくさんの岐路があったはずなのに振り返ればこの道しかなかった、ということがよくわかりました。

 

いつも心の中で「これじゃない」「このままではダメだ」「こうなりたい」と叫び続け、もがき苦しみ歩いてきたことが、実はすべて自分にとっての最善のプログラムだったと感じられるようになったのです。

 

無論、そんなに金持ちになったわけでもなく、社会的評価が高いというわけではありません。

 

ただ、僕はこの道を歩くために生まれてきたんだと思えるのです。

 

50代は長年の数々の執着を手放してみる適齢期です。過去の自分に「自分は今、最善の道を歩んでいる」と自信を持って言ってあげましょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/22(日)11:00~開催
成長を続ける教育ビジネスで「信頼と安心」のブランド力
「ECCの個別指導塾ベストワン」という選択
詳しくはこちら>>>

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

50代から実る人、枯れる人

50代から実る人、枯れる人

松尾 一也

海竜社

50代というのは、仕事においても家庭においてもこれまでと違うことが噴出します。 責任ある大きな仕事を仕切る/子供の教育の総仕上げ/親の介護、看病、見送り…といったライフイベントが迫るかと思えば、一方では、別会社…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧