社員のメンタル不調続出…「従業員思いの社長」ほど陥る悪循環 (※画像はイメージです/PIXTA)

近年、従業員の健康管理の一環として、いわば会社の顧問医である「産業医」の導入が進んでいます。従業員数が50人未満であれば、産業医を選任する義務はありませんが、やはり経営者1人で健康管理に取り組むのは難しいのが実情です。効果的に導入し、活用するにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは社内に「産業医反対派」がいたケースを基に解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

従業員が「産業医の導入」を阻むケースもあるが…

企業によっては、産業医が健康面で関与することに、従業員が抵抗を示すこともあります。「病気は個人的なこと」と考えている従業員も少なくありませんので、仕方のない面もあるのですが、従業員に反対されたからといって、健康管理を諦めてしまうと、企業の成長あるいは存続にさえも悪影響を及ぼすことがあります。

 

美容院を何店舗か経営している企業がありました。その企業には、メンタル不調の人がとても多かったのです。社長から「メンタル不調をなんとかしたい」との依頼があり、関わるようになりました。筆者らは、最初に健康管理の土壌づくりをするために、健康相談窓口の設置を提案しています。職場の話をしやすい環境をつくることが大事だからです。

 

この企業の場合、従業員5人ほどの事業所が5ヵ所ありました。トータルの従業員数は25人ほどになります。このうちの一つの事業所だけ産業医が健康管理に関わることに最後まで反対していました。仕方なく、4つの事業所のみをサポートすることになりました。

 

実際に4つの事業所のサポートを開始してみると、多くの問題が浮かび上がってきました。一般的な企業よりもメンタル不調が多く、辞めていく従業員も少なくありませんでした。

 

【医師限定】資産形成にお悩みのドクターに
セカンドオピニオンをご提供。

プレミアム個別カウンセリングこちら

 

面談を重ねる中で見えてきた課題の一つは、職場に休憩する場所がなかったことでした。従業員は仕事のときはもちろん、休憩のときもずっと一緒に過ごしていました。後輩にしてみれば、ずっと先輩と一緒に過ごさなければならないのです。

 

自由な時間がなく、常に業務をしていなければなりません。そんな環境に耐えられない従業員は少なくありません。まずは、この点から改善を試みました。15分でもいいから自由になる時間、1人になる時間をつくる取り組みは、従業員からも評判は良かったのです。

 

 【医師限定】の資産形成相談、開催中。
 プレミアム個別カウンセリング はこちら⇒
 

産業医は「事業所全体」に導入しなければ逆効果

受け入れをしなかった事業所の店長は、社長と考え方にすれ違いがありました。店長からすれば、福利厚生の一環として、メンタル不調の改善に取り組む前に、もっとやるべきことは他にあると考えていたのです。

 

たとえば、夏であれば水分補給をする設備が欲しい、あるいは、従業員のためのロッカーが欲しいとか、現実的な要望があったのです。だから、健康管理をするという社長の思いは届かなかったのです。

 

社長としても、設備の面を無視していたわけではありません。社長と話をしてみると、次年度の予算に入れていたのです。すぐに解決したかったのですが、資金力がないので少しずつ、整えていこうと考えていたのです。一方で従業員のメンタル不調はまったなしの状態だったので、まずは、健康管理を優先しただけなのです。

 

結局、社長の思いと店長の思いのすれ違いから生じたトラブルです。そこで、社長、店長、私の三者でじっくり話をしました。社長の思いを知った店長は、硬化させていた態度を一変させました。店長にしても、スタッフのことを思えばこその反発だったわけですから、根本的な思いは社長と同じです。

 

それがうまく伝わらないために、中堅従業員と対立構造になってしまうことは、従業員数20人以下の「小規模事業所」ではよくあることです。一度、こじれてしまうと、当事者同士だけでは感情的になってしまい解決が難しいものです。そこで産業医のような第三者が入って、双方の思いをじっくり聞くことで解決の糸口が見つかることがあります。

 

このような社内での抵抗があると、その部署を除いて健康管理を導入するケースが多いのですが、それでは余計にこじれてしまいます。従業員のために健康経営に取り組もうとしているのに逆効果です。まずは、そのような抵抗をどう説得するかに取り組むべきです。

 

 【医師限定】の資産形成相談、開催中。
 プレミアム個別カウンセリング はこちら⇒
 

「社内からの反発」は健康経営を一気に進めるチャンス

前述のケースのように、ちょっとしたボタンの掛け違いが原因になっていることは少なくありません。社長と抵抗勢力のリーダー的な存在がじっくり話し合うことで解決できることも多いでしょう。それによって抵抗勢力が賛成に回ってくれれば、一気に取り組みが進みます。

 

抵抗勢力になっているということは、それだけ社内での影響力が大きいということです。抵抗勢力が現れた場合には、むしろチャンスと考えて解決に取り組むことが重要です。

 

とくに従業員数が10人前後の小規模企業ではこのようなトラブルが起きやすい傾向にあると感じます。ですから、筆者らが産業医としてお手伝いを始める際には、最初に会議をするようにしています。いくつかの店舗を運営しているのであれば、各店長に集まってもらい意見を聞きます。

 

社長がカリスマ的な存在であれば、店長も従うのですが、従業員思いの社長ほど優しい人が多く、従業員の話を聞こうとするので、店長一人ひとりの意見を尊重し過ぎて収拾がつかなくなります。それが売上トップの店舗の店長であれば、なおさらです。社内だけではうまくいかない場合には、外部の力を借りるのも一つの方法だと思います。

 

 

富田 崇由

セイルズ産業医事務所

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

セイルズ産業医事務所 医師

1978年生まれ、愛知県名古屋市出身。

2003年3月、浜松医科大学卒業。
2003年4月、名古屋第一赤十字病院にて研修。
2005年4月、同病院救命センタースタッフとして地域医療災害医療にも携わる。
2008年4月より複数の在宅クリニックにて在宅ホスピスに従事。
2014年11月、ナラティブクリニックみどり診療所開院(内科心療内科精神科)。
2016年4月、セイルズ産業医事務所開設。信念は「患者のストーリーに寄り添ってベストな治療方針を」。

2016年に産業医事務所を開設後は、会社を「小さなクリニック」にすべく小規模事業者にも産業医の必要性を訴えている。

著者紹介

連載なぜ小規模事業者こそ産業医が必要なのか

※本連載は、富田崇由氏の著書『なぜ小規模事業者こそ産業医が必要なのか』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

なぜ小規模事業者こそ産業医が必要なのか

なぜ小規模事業者こそ産業医が必要なのか

富田 崇由

幻冬舎メディアコンサルティング

小規模事業者が頭を悩ます問題――深刻化する人材不足、それに追い打ちをかける社員の体調不良やメンタル不調…。「社員の病気」は会社の経営を脅かす。 小規模事業者にとっては、社員の一人ひとりが貴重な戦力だ。そんなな…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧