外壁塗装の「ひび・コケ・膨れ」…工事が必要なタイミングは?

一般に、外壁塗装は10年ごとが目安とされていますが、周辺の環境によって一概には言えません「まだ大丈夫だろう」という甘い見通しが、外壁塗装では修復しきれない、重大なリスクを招く可能性もあるため、十分な注意が必要です。どのような状態になったら外壁工事が必要なのか、専門家が具体的に解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「もしかして、劣化?」…工事を検討するポイント

外壁塗装はどのタイミングで行うのがよいのでしょうか。

 

外壁塗装は、一般的な目安としては10年に1度くらい行うものとされています。10年が目安となっているのは、外壁材に塗装されている塗料の防水機能が10年くらいでなくなってしまうためです。

 

また、日本の住宅で使用されている外壁材にはいくつかの種類がありますが、8割くらいの家では窒素系サイディングボードと呼ばれるものが使われ、この外壁材の防水機能も10年くらいが目安です。

 

ただし、家の周りの環境は1軒1軒異なります。日当たりがよく、紫外線を受け続けている家があれば、雨風が多い地域の家もあり、塗料の機能が低下するスピードはさまざまなのです。

 

そのため、まずは10年くらいという目安を頭に入れつつ、自分で外壁の状態をチェックすることが重要です。

 

それでは、外壁塗装を検討したほうがよいポイントを押さえておきましょう。

 

①色あせ、汚れ、さび、カビやコケが見られる

②塗装の膨れ、剥がれがある

③外壁を指で触ったときにチョークの粉のような白い粉が付着する(チョーキング)

④ひび割れが見られる

⑤目地(コーキング)が割れている

 

 

これらはいずれも建物が発している劣化のサインです。

 

築10年未満でもこのような症状が見られる場合は、「まだ大丈夫だろう」「もう少し様子を見よう」などと考えず、早めに業者に点検を依頼するのがよいでしょう。

 

外壁塗装を検討するポイントとしては、当然、築年数も考える必要があります。

 

また、訪問販売の業者に「塗り替え時期です」と指摘されたときや、2回目の塗装であれば、前回塗装した塗料のカタログなどを見て、塗料の耐用年数(期待耐用年数といいます)を目安にすることもできます。

 

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

株式会社リペイント匠 代表取締役

1982年、三重県鈴鹿市生まれ。小学校4年生のときに両親が借金を原因に破産し、離婚。父と極貧生活の幼少期を送る。15歳から足場工事会社で働き始め、21歳で独立し久保組を立ち上げる。

3年後、法人化し足場工事以外にも塗装事業を開始。その後事業を行うなかで、元請け業者の利益よりも、一般のお客さまにより安く・良い仕事を提供したいと考え、2012年9月に株式会社久保組を売却。同年同月、一般戸建て住宅に特化した外壁塗装専門会社リペイント匠を設立する。

2013年6月には法人化し、社名を株式会社リペイント匠に改称。現在では年間400件以上の工事を請け負い、地元では有名な塗装会社として名を馳せる。

著者紹介

連載投資家、不動産オーナーのための失敗しない「外壁塗装」ノウハウ

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

久保 信也

幻冬舎MC

なんとなく後回しにしがちな外壁塗装。実際に、料金や工法もよく分からない戸建て住宅オーナーは多い。 しかし、外壁塗装の知識がないまま業者に依頼してしまうと、雨漏りや料金トラブルが発生してしまうこともしばしば………

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧