2020年、新型コロナの感染拡大で世界の自動車産業も大きな打撃を受けた。ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字を計上するなか、トヨタ自動車は2020年4月~6月期の連結決算(国際会計基準)では、当然のように純利益1588億円の黒字を叩き出した。しかも、2021年3月期の業績見通しは連結純利益1兆9000億円と上方修正して、急回復を遂げる予想だ。トヨタ自動車はいったい何を行ったのか、そして命運を分けたものは何だったのかを連載で明らかにする。本連載は野地秩嘉著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

壁管理…社長も役員も「見に来い」が原則

壁管理と白板と役員に報告書を上げないこと

 

会議室の壁に大きな地図を貼って危機への対処行動を管理すること、加えて白板を使うことはトヨタ生産方式を錬磨する方法に由来する。

 

トヨタの生産調査部は同方式を広める際、壁管理と白板を活用するからだ。

 

ふたつのツールは主に、「自主研」と呼ばれる組織の発表会で使う。

 

なお、自主研とは「当該部門の長が中心となって、部門の全員が参加する研究会であり、仕事の改善を通じて職場・メンバーを成長させるのが目的」のもの。

 

自主研では研究発表の際、現場で見つけた問題点を壁に貼り付けて「見える化」し、解決したことは白板に書いていく。

 

危機に際して、この手法を応用しているわけだ。

 

友山は言う。

 

「危機管理の大部屋では大きな日本地図、あるいは世界地図を用意して壁に貼りだします。そこに調達が作ったサプライチェーンマップを参考にして、途切れそうなところにメモを貼り付けていく。メモには会社名、製品は何か、日当たり何個が納入されているかといった情報が書いてあります。とにかく壁一面に貼り付ける。

 

壁の横に大きな白板を用意して、そこには『何月何日何時にこれを決めました』『こういう指示を出しました』『解決しました』と、どんどん書いていく。パソコンにすると見るのに手間がかかる。白板のスペースは決まっているから、解決したことなど、用が済んだ情報は消していく。壁と白板にあるのは現在情報だけです」

 

(画像はイメージです/PIXTA)
(画像はイメージです/PIXTA)

 

そして、もうひとつ。

 

幹部、管理職へ毎日、報告書を上げることはない。

 

役員でも幹部でも、大部屋を覗いて壁を見ることが決まりになっている。

 

「そうです。『見に来い』が原則。社長でも番頭(小林執行役員)でもおやじ(河合執行役員)でも、みんな部屋に来て見てますよ。昔は担当が報告書を書くのに一日かけたりしていました。豊田が社長になってから、ムダだと思ったので、やめさせたんです。

 

報告書をやめてよかったことは、大部屋に来た幹部と担当者が会話を交わすようになったこと。その場で意思決定して現場に伝えることができる。報告書を上げて決裁を待っているだけで対策が遅れてしまう。

 

壁管理、白板が体系化したのは阪神大震災の時からで、報告書を上げなくなったのは東日本大震災の時からです」(友山)

 

壁管理に書く情報は現場(協力会社)の声、加えて先遣隊(トヨタ生産調査部)の声である。

 

現場の声は状況を伝えてくる。先遣隊は解決策を伝えてくる。大部屋の本部ではそれを聞いた危機管理人たちが判断をして解決策を現場に投げる。その際、支援部隊の人数、用意していくものなども現場に伝える。

 

大部屋で壁管理することは企業幹部にとってはいい勉強になる。

 

担当者にしてみれば、大部屋に足を運ばない幹部は危機に関心がない証拠だ。そういう幹部が後から「どうして、こんな解決法を取ったんだ」と文句を言ってきても、担当者は「白板にちゃんと書いてあります」と返事ができる。

 

壁管理、白板、報告書を上げない。トヨタの危機管理の心臓とノウハウはここにある。

 

野地秩嘉
ノンフィクション作家

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

    トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

    野地 秩嘉

    プレジデント社

    コロナ禍でもトヨタが「最速復活」できた理由とは? 新型コロナの蔓延で自動車産業も大きな打撃を受けた―。 ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字となる中、トヨタは当然のように1588億円の黒字を達成。 しかも、2021…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ