「東大合格者の信じられない共通点」名門教師たちが見たもの

子供が自分から進んで勉強してくれない、言わないと勉強しようとしない…。そんな悩みを抱える方は少なくありません。今回は、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもを自主的に勉強させる方法について解説します。

[PR]3月24日(水)13:00~、オンラインにてセミナー開催!

企業オーナー必見!
「長期安定」×「社会貢献」優良教育事業の全貌

>>詳細はこちら<<

名門進学校ほど、「勉強しなさい」と言わない

面白い調査結果があります。東大生の多くは、子どものころ「勉強しなさい」と言われた経験が少ないのだそうです。

 

意外と思われるかもかもしれませんが、東大合格者数ランキングで、トップ10に名を連ねるような名門進学校にも、頭ごなしに「勉強しなさい」と命じたり、おしりを叩いてまで勉強させたりするような学校はありません。

 

ある進学校の校長先生は「いつまでも、教師が生徒を懐に抱えているようではだめ。ある時点で教師が生徒を手放し、生徒が自らの足で歩めるようにしてやらなければ、東大に合格させることはできない」と断言しています。

 

(画像はイメージです/PIXTA)
(画像はイメージです/PIXTA)

目標を持ち、自発的に勉強できる人が東大合格を果たす

人間の動機には、大きく分けて2種類あります。「やらないと怒られるから勉強する」というような外的動機付けと、「自分の目標に近づきたいから勉強する」というような内的動機づけです。

 

つまり、外的動機づけだけでは、東大合格は果たせないと、多くの名門進学校の教師たちが口をそろえているのです。

 

そのような学校では、おしりを叩いて勉強をさせる代わりに「今、勉強しなくちゃいけないんだ」ということに気付かせる仕掛けを豊富に用意しているそうです。OBとの交流、社会貢献活動、教科にとらわれない自由な研究体験などです。

 

そのような機会を通して、子どもたちはおぼろげながら、将来なりたい自分の姿をイメージし始めます。教師たちも「キミたちなら、なりたい自分に絶対になれる!」と励まします。

 

しかしそのためには、目の前の勉強を避けては通れないことを、子どもたちは悟っています。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧