恐ろしい…米コロナワクチンの接種で急拡大している「デマ」

新型コロナウイルスが巻き起こしたのは「世界的流行(パンデミック)」だけではない。様々な情報が錯綜し、なかには作為的に流される「危険なウソ」も少なくない。筆者は過激なフェイクニュースが流れつづけるアメリカに住んでおり、今まさにウソ情報の氾濫を実感している身だ。ウソを見抜き、正確な情報に基づき「命を守る行動」を取るにはどうすればよいのか。日本でワクチンが接種開始となった今、知っておくべき「インフォデミック」の実態を解説する。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

コロナ禍が引き起こした2つの「大惨事」

新型コロナウイルスの感染症は、テクノロジーやソーシャルメディアが、世界中に普及してから起こった歴史上初のパンデミックです。新型コロナウイルスが急速に世界中に広がり始めたとき、パンデミックとは別に、「インフォデミック(infodemic)」という大惨事が起こりました。

 

インフォデミックは、世界保健機構(WHO)が使い始めた用語で、「情報(information)」と「エピデミック(epidemic)」の組み合わせです。正確な情報と誤った情報の両方が、急速かつ広範囲に広がることを指します。

 

※「医師×お金」の総特集。【GGO For Doctor】はコチラ

 

科学誌『ネイチャー』にて、2020年6月にニック・フレミング氏は「病気の情報についての膨大な需要や、医療制度および生活への打撃、未知のウイルスへの疑問は、神話やフェイクニュース、陰謀説にうってつけの温床を作り上げた。馬鹿げていて大方は無害なものと退けられるが、その一方で生命を脅かす情報もある」(※1)と述べています。

 

そして今、まさに命を危険にさらすウソとして、ワクチンについての誤った情報が世界中に広がっています。

 

※1 https://www.nature.com/articles/d41586-020-01834-3

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

反ワクチン活動家による「ワクチン被害者」の捏造

カリフォルニア大学ヘイスティングス法科大学院のドリット・ルビンスタイン・ライス教授は、ワクチンに関する法的問題についての研究と活動を推進しています。

 

ライス教授は、ハーバードロースクールの「健康の法案」で反ワクチン活動家を批判し、「(新型コロナウイルスの感染が拡大した)当初から、反ワクチン活動家はある思想に傾倒した。新型コロナウイルスのワクチンは機能せず、また危険であり、これらは悪意のある世界的な陰謀によって(接種を)推進されているという考えだ」(※2)と述べています。

 

また、教授は記事(※3)にて、反ワクチン活動家が無根拠に「仲間がワクチンにより死亡した」という主張を行った事例を挙げています。

 

最も極端なものは、ワクチン接種後に一瞬気を失い、その後すぐに復活した看護師のティファニー・ドーバーさんの例です(※3)。この一件に関して、反ワクチン活動家はドーバーさんが死亡したと主張し、彼女の個人的な写真を投稿し、偽の死亡記事を作り上げました。これらは今もFacebook上で広まっており、ドーバーさんと家族への攻撃が続いています。「ティファニー・ドーバーのための正義」を求めているFacebookのグループさえあります。
 

 

他にも「アラバマ州の看護師が、新型コロナウイルスのワクチンを接種し死亡した」と主張した例があります(※4)。Facebookに、あるチャットのスクリーンショットを投稿しました。そこには「なんてことでしょう、たったいま叔母の死亡が発見されました。叔母は看護師で、仕事でワクチン接種を受けた一人でした。…」という旨が表示されています。

 

しかしアラバマ州保健局が、ワクチンを投与した州のすべての病院に連絡したところ、ワクチン接種による死亡者はいないと確認されました。

 

※2 https://blog.petrieflom.law.harvard.edu/2021/01/20/covid-19-vaccine-misinformation-anti-vaccine-movement/

 

※3 https://www.skepticalraptor.com/skepticalraptorblog.php/tiffany-dover-nurse-harassed-after-fainting-following-COVID-19-vaccine/

 

※4 https://www.reuters.com/article/uk-factcheck-alabama-COVID-death/fact-check-alabama-nurse-did-not-die-after-receiving-the-COVID-19-vaccine-idUSKBN28S2FP

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

星槎グループ医療・教育未来創生研究所 ボストン支部 研究員 内科医師、医学博士

米国ボストン在住。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年から13年まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員。

【主な著書】
『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)
『「カロリーゼロ」はかえって太る!』(講談社+α新書)
『健康でいたければ「それ」は食べるな』(朝日新聞出版)

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状~GGO For Doctor

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!