広尾病院は「新型コロナ専門」に…知られざる日本の病床の実態

新型コロナ感染拡大によって全国各地で病床がひっ迫している。そうした混乱のなかで地域の医療機関が協力して新型コロナ患者の病床数の割り振りを取り組んでいる地域があるという。いかに急増する新型コロナ患者を限られた病院、病床のなかで対応していけばいいのか、その解決策はあるのか。現在、連載中の「『医師の働き方改革』仕事の流れを変えれば医師でも定時に帰宅できる」の著者の佐藤文彦氏が緊急レポートする。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

東京都と都立病院が乗り出した新型コロナ専門病院化

新型コロナウイルスの感染拡大によって、全国各地で病床がひっ迫している。この病床をどのように確保するかが深刻な問題となっている。

 

患者を受け入れる病床数が増えないため、政府は感染症法を改正して、要請に協力しない場合は、医療機関の名前を公表すると表明している。こうした罰則強化で要請に従わせようという施策については、多くの反対意見が出ている。

 

国民感情としては、ただ罰則を設けるのではなく、「ここまで国や行政が一生懸命に対策をとっているので、国民の皆さんにも協力してほしい」と自ら率先してあらゆる手段を講じたうえで、国民にさまざまな根拠を示しながら、この未曾有のコロナ禍に立ち向かってもらいたいという思いがあるに違いない。

 

新型コロナの感染拡大で全国各地で病床がひっ迫しているという。(※画像はイメージです/PIXTA)
新型コロナの感染拡大で全国各地で病床がひっ迫しているという。(※画像はイメージです/PIXTA)

 

そんななかで、東京都の都立病院の新型コロナウイルス感染症専門病院化については、理想を実現可能にしたという点において、率先したリーダーシップが感じられる。

 

東京都は先月、「都立病院」と都の政策連携団体の公社が設置する「公社病院」の合わせた14病院で、新型コロナウイルス感染病床を今より600床増やして1700床に拡大する方針を決めた。14病院のうち、都立広尾病院(渋谷区)と公社の荏原病院(大田区)、豊島病院(板橋区)を「重点医療機関」として、で新型コロナの患者を重点的に受け入れる専門病院とする方針。広尾病院では新型コロナ感染患者以外の入院や診察はすべて休止し、240床を確保して受け入れを目指す。

 

新型コロナ患者向けの病床は現在、都内で4900床が確保されているが、最近の感染者急増で2月2日時点の入院患者は2859人、自宅療養は3851人に達するなど、医療体制はひっ迫が続いている。

 

小池百合子・東京都知事は「いま、入院しているさまざまな疾病を抱えている方に、他の病院に移ってもらうなど具体的な話が出てくる。現場の声も聞きながら進めていく」と話している。

 

これにより、伊豆諸島や小笠原諸島地域の住民へのヘリコプターによる救急搬送の受け入れ先の病院も多摩総合医療センター及び墨東病院を中心に受け入れすることに変更する。

 

1つの都立病院を新型コロナ専用病院にするだけで、さまざまな準備が必要で、それに影響を受ける人たちへの連絡や対応に多くの労力を必要とする。しかし、こうやって抜本的な対策を打つことで、都民を含めて多くの人が安心できるようになると思われる。

 

【オンライン(LIVE配信)】10/16(土)開催
安易な先延ばしは厳禁!工事費大幅増の危険も
マンション大規模修繕「信頼できる施工会社」の選び方 
詳しくはこちら>>>

Basical Health産業医事務所 代表
日本糖尿病学会専門医・研修指導医、日本肥満学会専門医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医などの資格をもつ内科医・産業医。

1998年順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学 代謝内分泌学 助教などを経て、2012年41歳の若さで順天堂大学附属静岡病院 糖尿病・内分泌内科 科長(兼 准教授)に就任。同院で、「地方病院の医局員たちの残業の多さを何とか改善できないか」と考え、「医師の働き方改革」に着手。コーチングの手法を活用し、現場の要望を聴き出し、それを反映させた組織開発を独自で行う。3年目には医局員全員が定時に帰宅できる体制を作りあげる。その後、日本IBM株式会社で専属産業医を2年弱務めた後、2018年に独立。現在、健康保険組合やその関連企業での健康増進・予防医療などのコンサルタント業務を行いながら、糖尿病の外来診療、嘱託産業医としても活動する。今年度より、厚生労働省医政局委託事業「医療従事者勤務環境改善のための助言及び調査業務」委員会の委員に就任するなど、日本中の医師が安定的に働き続けられる環境作りに取り掛かっている。趣味は音楽。高校3年生時には、全日本吹奏楽コンクール(普門館)にて金賞受賞。担当楽器はチューバ。

著者紹介

連載「医師の働き方改革」仕事の流れを変えれば医師でも定時に帰宅できる

地方の病院は「医師の働き方改革」で勝ち抜ける

地方の病院は「医師の働き方改革」で勝ち抜ける

佐藤 文彦

中央経済社

すべての病院で、「医師の働き方改革」は可能だという。 著者の医師は「医師の働き方改革」を「コーチング」というコミュニケーションの手法を用いながら、部下の医師と一緒に何度もディスカッションを行い、いろいろな施策を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!