投資行動の盲点「リスク選好・リスク許容度」の根本的な違い

投資するにあたって意識すべき重要なポイントに、その人自身の「リスク許容度」があります。投資家自身、はしばしば「リスク選好」と混同しがちですが、その認識の誤りに危険な落とし穴があります。資産運用会社のアライアンス・バーンスタイン株式会社で運用戦略を行う後藤順一郎氏が解説します。

  [4/14(水)・WEBセミナー] 相続税の税務調査の実態と対処方法
指摘率トップ、「名義預金」を税務署はどうみているか?  >>詳細はこちら

リスク許容度の判断には「リスク選好」も含まれるが…

リスク許容度は、過去の投資経験だったり、どのくらいの損失まで受け入れられるか、といった質問に対する回答から判断されることが多いと思います。結局、これは「リスクが好きか嫌いか」で判断しているにすぎないのですが、本当にこれだけで投資家のリスク許容度を判断していいのでしょうか?

 

投資家が「リスクを好きか嫌いか」は、リスク許容度ではなく、リスク選好です。もちろん、リスク許容度を判断する際にリスク選好を考慮することは必要ですが、それに加えて、リスクを取れる能力がそもそもあるのか、つまりリスク・キャパシティも考慮する必要があるのです。

 

このリスク・キャパシティを決める主な要因は、人的資本、つまり年齢や収入(職業)になります(『日本人の平均生涯賃金…「2億円超」をどう捉えるべきか?』参照)。また、現在の保有資産や公的年金/企業年金の状況などもリスク・キャパシティに関係してきます。

 

具体的には、収入が安定している公務員と収入が景気に左右される職業ではリスク・キャパシティは異なりますし、老後に手厚い企業年金がある人は、資産運用で失敗してもダメージは小さく、企業年金がない人と比べればリスク・キャパシティは高くなります。

 

このように、投資家の情報をフル活用し、正しくリスク・キャパシティを把握して初めて、正確なリスク許容度が判断できるのです。

損失を怖がる若手投資家に、リスク運用を提案する意味

これを実践に適用するとどうなるのでしょうか?

 

例えば、現役時代から株式投資の経験があり、リスクに慣れているシニア世代の投資家に対して、ハイリスクな運用をそのまま提案するのは、不適切になるかもしれません。

 

なぜなら、このシニアの投資家はリスク選好が高くても、リスク・キャパシティが低い可能性があるからです。この方の場合は、ハイリスクを求めていたとしても、リスク・キャパシティの観点からミドルリスクを勧めるのが適切といえるでしょう。

 

逆に、若者が老後のために資産運用をしたいが損失が怖く、安定性の高い運用をしたいと希望した際、そのまま低リスク運用を提案するのもやはりリスク・キャパシティの観点からは適切ではない可能性があります。

 

この若者には、老後までの期間や豊富な人的資本などを理由に、ミドルリスクに誘導することが適切といえるでしょう。

 

結局、顧客本位とは顧客の顕在化しているニーズに合った商品を提案するのではなく、リスク・キャパシティを合理的に推測し、それに基づいて潜在的なニーズに合う運用を提案することだと私は考えます。そのためにも、リスク・キャパシティの把握は非常に重要なのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

[PR] 5月19日(水)開催/WEBセミナー(無料)
世界25ヵ国、約64兆円の機関投資家・富裕層資金を運用する、
米国アライアンス・バーンスタインによる「米国株式市場の投資環境・見通し」

アライアンス・バーンスタイン株式会社 運用戦略部マネジング・ディレクター 兼 AB未来総研所長
慶應義塾大学理工学部 非常勤講師

2006年4月に入社。現在、マルチアセット戦略のプロダクト担当。また、DC・NISAビジネスの推進及びAB未来総研にて顧客向けソリューション/リサーチ業務も兼務。

入社以前はみずほ総合研究所株式会社(みずほフィナンシャルグループから出向)に勤務、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに従事。

共著書に「年金基金の資産運用-最新の手法と課題のガイドブック-」(2004年、東洋経済新報社)、「企業年金の資産運用ハンドブック」(2000年、日本法令)、「The Recent Trend of Hedge Fund Strategies」(2010年、Nova Science Pub Inc, 2010)。

論文に「ヘッジファンドのスタイル分析-ファンドオブヘッジファンズの超過収益獲得能力の推計-」(2007年、日本ファイナンス学会第15回大会)、「これだけは押さえておきたい資産形成のポイント」(2011年、投資信託事情)、「行動ファイナンスから見た“マーケットとの付き合い方”」(2012年、投資信託事情)、「基礎から分かるターゲット・イヤー・ファンド」(2014-2015年、ファンド情報)など。

1997年に慶應義塾大学理工学部管理工学科にて学士号、2006年に一橋大学大学院国際企業戦略研究科にて経営学修士号(MBA)取得。

日本アクチュアリー会準会員、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、1級DCプランナー、慶應義塾大学理工学部非常勤講師

著者紹介

連載人生100年時代を生き抜くための「ライフサイクル投資」実践講座

※本記事は「ニッキン投信情報」に掲載されたコラムを転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧