いわき市医療現場からの悲鳴…「すでにスタッフは足りてない」

二度目の緊急事態宣言が発令された。現在、11都府県に対して約1ヵ月間にわたり外出や移動、施設利用等に自粛を要請しているが、いずれの対象地域も新規感染者は増加傾向のままだ。コロナとの戦いが長期化するにつれ、どの病院もスタッフの確保は困難になっていく。医師不足の地域では苦戦必須だ。医療の現状に大きな注目が集まるなか、現場からの声を聞いた。※「医師×お金」の総特集。GGO For Doctorはコチラ

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

託児所が使えず…困難化する「医療スタッフの確保」

二度目の緊急事態宣言が11都府県に発令されました。全国で感染者が増加している現在、同宣言の対象ではない福島県も例外ではありません。

 

筆者が働くのはいわき市で展開する『ときわグループ』です。我々のグループ施設や、周辺の医療施設や介護施設においても、患者さんや利用者さん、スタッフの陽性が増えています。

 

現場で陽性者が発生し、他のスタッフも濃厚接触者と判定されて、人手が次々と減っていく…という流れは、コロナ対策の最前線ともいえる医療現場でも同じです。濃厚接触者となったスタッフはその後に陰性と確認できても、2週間は自宅で待機しなくてはいけません。

 

戦いの長期化により現場が疲弊しているなか、上記経緯や離職などによりスタッフの規模が縮小していき、人手のやりくりが難しくなり、結果さらに疲弊する…という事態になってきました。この悪循環になんとか対策を打てないものか模索しています。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

とはいえ、スタッフの手配に苦戦する理由は、感染や接触、離職といったスタッフ本人を原因とするものに限りません。

 

たとえば託児所の利用が制限され、勤務が難しくなるという問題があります。先日、筆者たちのグループが運営する子育て支援部門において、そこを利用するスタッフの家族が陽性であると判明しました。そのスタッフ自身は陰性で、一見、医療側への大きな影響はないように思われました。ところが、その子育て支援部門はグループ全体から多くの子どもを預かっているところです。スタッフの手配に苦戦するなかで、この事態は大きな痛手になると見込まれました。

 

園児が陽性になると、預かれる人数は通常の1/10程度になってしまうそうです。普段は複数の施設で300名ほどの子どもたちを預かっていますが、受け入れ規模が縮小してしまうと多くのスタッフが利用できなくなってしまいます。

 

働くうえでは子育て支援部門に頼らざるを得ないスタッフも少なくありません。すでに看護師などのシフトは何とかやりくりしている状態です。少しでもスタッフの負担を減らしたいこのタイミングにおいて、この事態は重くのしかかりました。

現状、人手確保の根幹は「基本的な感染対策」の徹底

人員の減少をできる限り抑えようと、緊急事態宣言が発令された地域へ出入りするスタッフを対象に、検査を実施していくことになりました。ちなみに当初よりスタッフ全員の検査を定期的に行えればよいと話しているものの、実現には至っていません。

 

結果、検査を受ける人の多くは「医師」という形になりました。もともと医師不足のいわき市において、地域の医療を支えるのは市外から通う医師たちです。医師以外はほとんどがいわき市内で生活していますが、多くの非常勤医師は首都圏から来ますし、平日はいわき市で仕事をし、週末は首都圏の自宅に戻るという常勤医師もいます。

 

スタッフに対して「市外に出ないように」と一律に求めることはできません。「こちらに来て陽性になって帰れなくなってしまっては、小さい子どもの面倒を見る人がいなくなる」、「勤務はしないということも考えざるを得ない」といった声もありました。

 

言うまでもなく医療従事者にも自身の家庭や生活があり、スタッフを確保するうえではこれらを無視することはできません。個々の事情にどう対処していくかを模索しています。自施設のスタッフの検査は、費用面を含め、まだまだこれから対策を考えなければなりません。

 

とにかく、スタッフ内でも感染対策をきっちりとすること、マスク着用や手指消毒をし、食事の仕方に気をつけるといった基本的なことの繰り返しです。

スタッフ減少は地域全体の問題

スタッフが減って困るのはその施設内だけではありません。患者さんや利用者さんの受け入れがそれまでのように続けられず、行き場をめぐり地域全体の問題になる事例が各所で見られます。県内や市内のコロナ対策会議でも、「介護施設で利用者、スタッフともに陽性者が発生したときに、利用者が回復したとしても、施設のスタッフが復帰できていないことがある。利用者の退院後の行き先は大丈夫か」という議論がなされるようになりました。入院中にADL(日常生動作)が低下してしまい、元の施設に戻れない、他の施設にも入れない、病床を使うしかない、という事態になってきます。

 

ワクチン接種の準備を進めていくと言っても、そのためだけに人員が補填されるわけではありません。なんとかやりくりする他ないのです。

 

 

杉山 宗志
ときわ会グループ

 

【記事をもっと読む】

 

 

【6月開催のセミナー】

【6/12開催】10年間年10%利回り保証…ベトナム「5つ星スパリゾート投資」

 

【6/13開催】「家族信託」で実現!財産管理、資産承継、相続税対策

 

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/19開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/24開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

ときわ会グループ 

静岡県伊豆出身。静岡県立韮山高等学校、東京大学工学部建築学科卒業、同大学院工学系研究科建築学専攻修士課程終了。東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。東京大学在学中は運動会剣道部に所属。現在は福島県いわき市を中心に医療、介護、教育を軸に事業展開する『ときわ会』にて勤務。

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状~GGO For Doctor

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧