もし親を老人ホームに入居させるとして、まず第一歩として何を理解しておけばいいのでしょうか。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が、親を老人ホームに入れようと思った時に「知っておきたい選び方、探し方」を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『親を老人ホームに入れようと思った時に読む本』(海竜社)から一部を抜粋、編集したものです。

公助とは国が解決していくもの

公助とは

 

そして「公助」です。「自助」「互助」「共助」だけではどうにもならないことは「公助」、つまりは国が解決していくことになります。

 

言い換えると、「公助」は最後のセーフティーネットと言えます。貧困や家族内での虐待などは「公助」で解決をしなければならないのかもわかりません。

 

老人ホームにも、ともするとこのような相談があります。

 

私が以前老人ホームの施設長をやっていたとき、地域の社会福祉協議会から緊急ショートステイの受け入れ要請がありました。高齢の祖母に対し同居している孫が虐待をしているので、一時的に保護してほしい、というものでした。なんでも、孫が金をせびり、これを拒絶すると殴る蹴るの暴行を加えるのだそうです。

 

緊急避難としてホームにやって来たときにも、怪我をしたのか、頭に包帯をぐるぐる巻いた状態で来ました。当然、ただちに介護職員、看護職員などの専門職と社会福祉協議会の担当者と協議を行い、即時受け入れになりました。3週間ぐらい、私のホームにいた後、行政が用意した保護施設に入居したと、記憶しています。

 

そのとき、私が感じた違和感を申し上げておきたいと思います。数日後、長男がホームに面会に来ました。つまり、暴行をしていた孫の父親です。費用の支払いとこれからの生活に関する相談をしに来たのですが、その態度がまるで「他人事」のようでした。

 

そもそも、この父親と子供、つまり暴行をしていた孫は、事情があり、別々に生活をしていました。したがって、孫の面倒はこの高齢のおばあちゃんが親に代わり見ていたということになります。これだけでも、何かちょっと……。という話です。

 

挙句の果てには、母親の怪我を気遣うわけでもなく、逆に、素直に金を渡していればよかったものをと言わんばかりでした。私の隣で同席していた看護師の顔付きがみるみる変わり、その表情は怒りに満ち溢れ、今にも目の前の長男に食ってかかりそうだったことを覚えています。

 

もちろん、この家庭が今まで積み上げてきたプロセスを、私たちは何も知りません。私たちが知っているのは、怪我をしている高齢の母親と金を無心している孫がそこにいるという事実だけです。長男や孫にも、相応の言い分があるのだと思います。ただ、老人ホームに緊急避難場所として機能することができる社会資源の役割があったということはよかったのではないかと思っています。

 

小嶋 勝利
株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

 

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

小嶋 勝利

海竜社

老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧