その他 介護
連載嫁姑奮戦記【第1回】

「悪夢の幕開け」早朝に嫁絶望…入院先で姑が発した異様な一言

介護

「悪夢の幕開け」早朝に嫁絶望…入院先で姑が発した異様な一言

幻冬舎ゴールドライフオンラインの人気エッセイ『嫁姑奮戦記』。病院を騒がせる姑と嫁のやり場のない戦い。介護する側、される側。それぞれの思いを連載でお届けします。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

まるでお岩さんのようである。

二、三日前から姑の右額に出来た湿疹はひどくなるばかりで、右目までふさがりかけている。

 

ひょっとしたらヘルペスというものではないかと思ったが、本人は一向に痛がる様子もなく「放っといたら治る」と言い張るのでまかせていたものの、やはりただならぬ状態になってきた。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

嫌がるのを無理やりかかりつけの医院に連れて行く。先生は一目見るなり「ヘルペスやな」と診断を下して薬をくださる。二日投薬するがひどくなる一方なので、N病院の皮膚科を紹介される。

 

土日を挟んで月曜に行く頃には右額は粟状のぶつぶつでこんもりと盛り上がり、左目もふさがりかけ、まるでお岩さんのようである。本人は周囲の目を気にする様子もなく、大病院に圧倒されたのかおとなしく待っている。

 

皮膚科のK部長は温厚かつ親切な先生で、ほっとする。顔のヘルペスは脳炎をひきおこしたり、耳にうつると難聴、目にうつると視力低下をおこしたりする厄介な病気らしい。約一週間入院して点滴治療するほうが早く治り予後もいいでしょうと、言われる。

 

早速血液や尿の検査をする。今回は手術もなく短期間の入院だし大丈夫と思ったが、八年前、胃潰瘍でT病院に入院した時のことを先生にお話しする。初日の晩から幻覚幻聴があり、病棟をパニックに陥れ、二度脱走をはかり終には入院を断られたことなどである。

 

昼食も食べず、入院の手続きをしたりして部屋に落着いたのは午後四時過ぎ頃、姑の性格を考えて個室にする。トイレ、冷蔵庫、テレビ付の広い部屋だ。

 

「おばあちゃん、ちょっとしたホテル並みやないの。いいわア」と言ったが、姑は自分の手提げ袋の中味を出したり入れたりする行為を繰り返している。かなり動揺しているようだ。

昭和14年旧満州国新京(現、中華人民共和国吉林省長春市)生まれ。
昭和21年引き揚げ、父の郷里宮崎に住む。
昭和36年宮崎大学教育学部卒。大阪に就職、昭和43年結婚。
介護ヘルパー、地域ネットワーク委員、ボランティア活動などを行うかたわら、通信教育で文章や植物画などを学ぶ。平成29年10月からエッセイ講座を受講。

著者紹介

連載嫁姑奮戦記

嫁姑奮戦記

嫁姑奮戦記

大野 公子

幻冬舎メディアコンサルティング

入院早々骨折、幻覚幻聴、物忘れ……病院を騒がせる姑と嫁のやり場のない戦い。 介護する側、される側、双方には今日に至るまでの歴史がある。 血縁だけでは語れない愛がそこにはあった。 嫁が綴った過去の日記をもとに、「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧