その他 介護
連載嫁姑奮戦記【最終回】

「姑は、私という人間を告発したのだ。」嫁が大後悔したワケ

介護

「姑は、私という人間を告発したのだ。」嫁が大後悔したワケ

入院中に大腿骨を骨折した姑。手術は成功した一方で、介護の負担が減ることはなかった。※幻冬舎ゴールドライフオンラインの人気エッセイ『嫁姑奮戦記』を再編集し、介護の実態を見ていきます。

介護する者はされるほうの「生き方」まで背負うのだ

介護する側、される側、双方には今日に至る歴史がある。長い介護となると実の親子の間でさえ、ぎくしゃくしてくる例も見聞きしている。ましてや嫁姑間には、普段から程度の差こそあれ溝がある。

 

ここで中に立つ夫の役割が非常に大切になってくることに、世の夫族は気がついてないか、逃げている。嫁が世話をするのは当然だ、俺は会社で大変なのだ。養ってやっているではないかと、ねぎらいの言葉さえない。

 

介護する者はされるほうの生き方まで背負い込まなければならない。これは結構大変なことなのだ。付かず離れずのこれまでの間柄であれば辛抱出来ることでも、密着せざるを得ない関係になるとお互いに大きなストレスとなる。

 

ヘルパーは、このしがらみがないだけ気が楽といえば楽だ。おまけに感謝の言葉以外に報酬という目に見えるものまでいただける。二時間とか三時間とか時間制限がある。家族の介護はひどい時は二十四時間である。

 

私は姑の入院中、看護婦さんの働きには頭の下がる思いをした。そのうえ親切で優しかった。おそらく施設の職員もそうであろうと思うし、私たちヘルパーも皆そうだと思いたい。

 

しかし家族となると、そうはいかない。

昭和14年旧満州国新京(現、中華人民共和国吉林省長春市)生まれ。
昭和21年引き揚げ、父の郷里宮崎に住む。
昭和36年宮崎大学教育学部卒。大阪に就職、昭和43年結婚。
介護ヘルパー、地域ネットワーク委員、ボランティア活動などを行うかたわら、通信教育で文章や植物画などを学ぶ。平成29年10月からエッセイ講座を受講。

著者紹介

連載嫁姑奮戦記

嫁姑奮戦記

嫁姑奮戦記

大野 公子

幻冬舎メディアコンサルティング

入院早々骨折、幻覚幻聴、物忘れ……病院を騒がせる姑と嫁のやり場のない戦い。 介護する側、される側、双方には今日に至るまでの歴史がある。 血縁だけでは語れない愛がそこにはあった。 嫁が綴った過去の日記をもとに、「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧