NHK朝ドラ『おちょやん』20歳まで給金を手にできなかった

NHK連続小説『おちょやん』で杉咲花さん演じる主人公、浪花千栄子はどんな人物だったのか。幼いうちから奉公に出され、辛酸をなめながらも、絶望することなく忍耐の生活を送る。やがて彼女は銀幕のヒロインとなり、演劇界でも舞台のスポットライトを浴びる存在となる。この連載を読めば朝ドラ『おちょやん』が10倍楽しくなること間違いなし。本連載は青山誠著『浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優』(角川文庫)から一部抜粋し、再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

キクノが受け取ることはなかった給金

父に翻弄されるキクノ

 

キクノにとっては、あまり楽しい思い出のある場所ではないが、それでも8年ぶりの故郷である。

 

ソリのあわない継母もいまはいない。しばらくは、実家でのんびりと羽を伸ばしたいところだろう。しかし、そんな「贅沢」は許されなかった。

 

「給金がようけもらえる働き口、父ちゃんが探したるから」

 

道頓堀から郷里に帰る道中、父はそう囁いた。

 

青山誠著『浪速千栄子』(角川文庫)
青山誠著『浪花千栄子』(角川文庫)

その言葉はすぐに実行される。久しぶりの故郷を懐かしむ間もなく、すぐに近隣の酒屋に奉公することが決まった。

 

今度は給金が支払われたのだが、それはすべて父の懐に入ってしまう。奉公先は実家から徒歩圏内にある。給料日が近くなると、強欲な父が現れて、前借りされてしまう。給金の値上げなどあれこれ要求もしたようで、それで辟易した雇主は3ヵ月でキクノを解雇した。

 

しかし、父はすぐに彼女の新しい奉公先を見つけてきた。前の雇主よりも給金を弾んでくれているのかもしれないが……。いくら支払われているのかは分からない。父が前借りをしてしまうので、彼女が受け取ることはなかった。

 

今度の奉公先は、富田林の街中にある豪商の屋敷だった。

 

この町の歴史は、戦国時代に京都の浄土真宗・興正寺が別院を建立したことに始まる。浄土真宗は戦国大名も恐れる武闘派集団だけに、寺院にも城塞としての機能が求められた。

 

石川流域に広がる河岸段丘の地は、天然の堀となる川に三方を囲まれ、段丘の崖は土塁として利用できる。浄土真宗の本拠である石山本願寺もまた同様に、淀川流域の河岸段丘に築かれた難攻不落の巨城だった。

 

天然の堀である石川は、水運を利用した物流にも利用された。河内盆地で産する米や農産物、近隣の山々から切り出された材木など、あらゆる物資が水運によって運ばれてくる。

 

興正寺別院の周辺には門徒の商人たちが移住し、集まった産品を仕入れて下流域にある消費地の大阪に売りさばく。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】9/29(水)開催
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…
「安心・安全の土地活用」の不動産投資セミナー
詳しくはこちら>>>

作家

大阪芸術大学卒業。著書に『古関裕而 日本人を励まし続けた応援歌作曲の神様』『安藤百福とその妻仁子 インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語』(ともにKADOKAWA)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)などがある。

著者紹介

連載昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優一代記

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優

青山 誠

角川文庫

幼いうちから奉公に出され、辛酸をなめながらも、けして絶望することなく忍耐の生活をおくった少女“南口キクノ”。やがて彼女は銀幕のヒロインとなり、演劇界でも舞台のスポットライトを一身に浴びる存在となる。松竹新喜劇の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!