NHK朝ドラ『おちょやん』8年間の奉公で報酬はわずか15円

NHK連続小説『おちょやん』で杉咲花さん演じる主人公、浪花千栄子はどんな人物だったのか。幼いうちから奉公に出され、辛酸をなめながらも、絶望することなく忍耐の生活を送る。やがて彼女は銀幕のヒロインとなり、演劇界でも舞台のスポットライトを浴びる存在となる。この連載を読めば朝ドラ『おちょやん』が10倍楽しくなること間違いなし。本連載は青山誠著『浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優』(角川文庫)から一部抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

恥をかなぐり捨て挑んだ初舞台の報酬

便所に隠れて、必死に漢字を学ぶ日々

 

キクノは陽が昇る前から起きて飯を炊く。炊飯器のない時代、薪を燃やして飯を炊くのは手間がかかり、かつては家庭の主婦たちが最も嫌う仕事だった。

 

店では多い日に1000を超える注文がある。これだけの飯を炊くだけでも、かなりの重労働だ。

 

炊きあがった飯は、板前たちが料理と一緒に重箱に盛りつける。その重箱を茶屋に届け、客が食べ終わった重箱を回収して洗う。終わったら鍋釜を洗い、炊事場の掃除をして……。すべての仕事を終えた頃には、夜はかなりふけている。

 

青山誠著『浪速千栄子』(角川文庫)
青山誠著『浪速千栄子』(角川文庫)

さらに仕事の手が空けば、主人一家の用事や子守りまでやらされた。朝起きてから寝るまで休む間もなく働き続ける。ぐずくずして手間取れば、寝る間も削って働くことになる。食事もゆっくり味わう時間はなく、炊事場で立ったまま、数分で食べるのが常。それでさえ、

 

「おちょやん、ちょっと」

 

呼ばれると、箸を止めてすぐに行かねば、𠮟られる。

 

屈辱も嫌というほど味わわされた。

 

ある日、買物に行って釣り銭を落としてしまった。2銭の小銭であるが、ケチな主人に「落としました」と言っても納得してくれないだろう。

 

彼女は思案したあげく、芸を披露して銭を稼ごうと考えた。道頓堀や近隣の裏路地には、滑稽噺や猥歌を披露して小銭を稼ぐ者たちが多くいた。法界屋などと呼ばれた最下層の芸人だが、その真似事をしたのである。

 

「歌わせておくれやす」

 

意を決して、顔見知りの店に飛び込んで歌を披露するが、相手は子どもがふざけているとしか思わず取りあってくれない。

 

それでも、くじけず次の店へ……。繰り返すうち、4軒目に入った薬屋の主人が、事情を聞いて同情し金を恵んでくれた。2銭銅貨を握りしめて薬屋を出た時、恥ずかしさで顔が真っ赤になり、目には涙がにじんでいた。

 

ホテルのボーイがチップにもらっても、「ケチな客だな」と鼻で笑いそうな小銭である。それが、恥をかなぐり捨て挑んだ初舞台の報酬だった。

 

仕出し料理店に戻ると、帰りが遅いことにいら立った主人から𠮟責された。事情を話してお釣りの2銭を渡したのだが、

 

「ホントに落としたんか?」

 

疑いの目を向けてくる。泥棒扱い。これまでも色々と悔しい思いをさせられてきたが、この一件だけは彼女の心に生涯残る深い傷をつけた。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】9/29(水)開催
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…
「安心・安全の土地活用」の不動産投資セミナー
詳しくはこちら>>>

作家

大阪芸術大学卒業。著書に『古関裕而 日本人を励まし続けた応援歌作曲の神様』『安藤百福とその妻仁子 インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語』(ともにKADOKAWA)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)などがある。

著者紹介

連載昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優一代記

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優

青山 誠

角川文庫

幼いうちから奉公に出され、辛酸をなめながらも、けして絶望することなく忍耐の生活をおくった少女“南口キクノ”。やがて彼女は銀幕のヒロインとなり、演劇界でも舞台のスポットライトを一身に浴びる存在となる。松竹新喜劇の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧