認知症父が激怒「このままだと死んでしまう」理由を聞いて唖然

「親が認知症で要介護」という境遇の人は今後、確実に増加していくでしょう。そして、介護には大変、悲惨、重労働といった側面があることも事実です。しかし、介護は決して辛いだけのものではなく、自分の捉え方次第で面白くもできるという。「見つめて」「ひらめき」「楽しむ」介護の実践記録をお届けします。本連載は黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)から一部を抜粋、編集した原稿です。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

毛布の使い方が分からなくなったじーじ

満洲より寒い?

 

最近のじーじは、自立心旺盛! 自分でできることは、私たちに頼らずに自分でやりたいようだが、それが事件を引き起こした。

 

じーじは極端な寒がりなので、早いうちから羽毛布団をかけて寝ているのだが、ある朝、「寒いぞ、ここは満州より寒いじゃないか、このままだと凍え死んでしまう」と、少々ご立腹。満州より寒いわけないじゃないと思いつつ、毛布を出してあげたら、「自分でやる」と言うではないか!

 

「一人でできる?」と聞いたら「残存機能訓練だ」と自慢げに答えるじーじ。残存機能訓練の意味をはき違えているが、そこは気にしない。

 

じーじは毛布の使い方がわからなくなってしまったらしい。(※写真はイメージです/PIXTA)
じーじは毛布の使い方がわからなくなってしまったらしい。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「お願いね」と言いじーじの部屋をあとにした。するとしばらくして「おーい! おーい! れーこ」と私を呼ぶ声。「今日は寒いな、毛布を出してくれ」とじーじ。さっき出して渡したのに?なぜ?と思いつつじーじの部屋に行ってびっくり! きれいに畳まれた毛布が枕の下に敷いてある。

 

そりゃあ枕の下においても暖かくはないでしょと心の中で思いながら、枕の下にある毛布を取り出そうとすると認知星人のスイッチON!

 

「満州では、頭が寒くないようにこうするんだ、そんなことも知らんのか」と怒る、怒る。しかたがないので、もう一枚毛布を出してあげて、セットしてあげたら、「暖かいなあ」と言ってご満悦の表情。

 

しかし! これだけでは済まなかった。翌朝、「寒いぞ、ここは満州より寒いじゃないか、このままだと凍え死んでしまう」とじーじ。よく見たら、昨晩セットしたはずの毛布はなぜか枕の下に。

 

夜中に、毛布を枕の下に入れたらしい。毛布2枚と枕……その上に頭を載せて寝ていたのか? よく寝られたななどと感心している場合じゃない。じーじは毛布の使い方がわからなくなってしまったらしい。

 

……そこでピカッとひらめいた!

 

羽毛布団と毛布を合体させればいいんだ! 百円均一のお店で一番長い手芸用の針を購入し、ぶすっ、ぶすっと羽毛布団と毛布を縫い合わせてみた。

 

作戦成功! じーじは寒くて凍え死ぬと言わなくなりました。めでたし、めでたし。

医療福祉接遇インストラクター
東京都福祉サービス評価推進機構評価者

埼玉県生まれ。博報堂勤務を経て、埼玉県内の介護事業会社勤務。医療福祉接遇インストラクター、東京都福祉サービス評価推進機構評価者。2001年より成長期の大手介護事業会社において、広告宣伝室室長として、社外向けの広報誌の作成、入居者促進業務に携わる。
2015年、株式会社ケー・アール・プランニング設立。編集プロダクションとして介護・福祉を専門とした雑誌の編集を行う傍ら、接遇マナーインストラクターとして、介護付有料老人ホームやデイサービス等で介護の現場に即した研修を行っている。

著者紹介

連載見つめてひらめく介護のかたち「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

黒川 玲子

海竜社

わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧