米ドル/円急落で105円割れ…原因は米大統領選アノマリーか?

先週の米ドル/円は105円割れとなりました。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、「単なる『小動きの反動』に伴う一時的な急落か、「アノマリー」通りの一段安大相場が始まっているのか、見極めの一つの目安となるのは104円割れの有無」だと述べています。今回は、米大統領選を目前に控えたなかでの米ドル/円急落の理由や、今後の展開について解説します。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

「10/26~11/2のFX投資戦略」のポイント

[ポイント]​

・先週の米ドル/円は105円割れ。米金利が上昇、米国株は一進一退となったことからは説明しにくいこの一因は、このところ「小動き過ぎた」ことの反動か。

 

先週末の米ドル/円急落は、最近「小動き過ぎたこと」が原因?(画像はイメージです/PIXTA)
先週末の米ドル/円急落は、最近「小動き過ぎたこと」が原因?(画像はイメージです/PIXTA)

 

・もう一つ注目されるのは米大統領選挙年の米ドル/円が小動きから大相場へ「豹変」してきた「アノマリー」の影響。

 

・単なる小動きの反動に伴う一時的な米ドル/円急落か、それとも「アノマリー」通りの米ドル一段安大相場が始まっているのか。見極めの一つの目安は104円割れの有無。

小動きが続いてきた米ドル/円の急落…その理由とは?

先週の米ドル/円は週半ばから105円を割り込み、一時104円前半まで急落しました(図表1参照)。小動きが長く続いてきた米ドル/円が急落したのは、一体なぜなのでしょうか。

 

出所:マネックス証券分析チャート
[図表1]過去一ヶ月の米ドル/円の日足チャート (2020年9月~) 出所:マネックス証券分析チャート

 

米金利の低下から、米ドルが急落したかといえば、むしろ逆でした。米金利、たとえば10年債利回りは、6月前半以来の0.8%を大きく上回る水準まで、大幅な上昇となったのです(図表2参照)。

 

出所:マネックス証券分析チャート
[図表2]過去半年の米10年債利回りの日足チャート (2020年4月~) 出所:マネックス証券分析チャート

 

では米国株はどうだったかといえば、こちらは一進一退での推移となりました(図表3参照)。

 

出所:マネックス証券分析チャート
[図表3]過去一ヵ月のNYダウの日足チャート (2020年9月~) 出所:マネックス証券分析チャート

 

このような米金利、米国株の動きにもかかわらず、米ドル/円は、なぜ長く続いてきた小動きから、先週105円割れへの急落となったのでしょうか。それは、上述のように「小動きが長く続き過ぎた」反動であったと考えられます。

 

米ドル/円は9月下旬以降、すでに約1ヵ月も105~106円、1円程度の値幅での推移が続きました。米ドル/円の「小動き化」はよく知られるところですが、月間値幅で見た場合、1円程度の値幅はさすがに記録的な小幅といえます。

 

最近の月間値幅が小幅にとどまった例としては、2019年12月の1.3円程度です。12月は、クリスマス休暇などの影響もあり、例年小動き化しやすい月ではあります。ところが、クリスマスでもない今年10月の米ドル/円値幅は、先週までの段階で1.1円程度にとどまっていました。

 

以上のように見ると、米金利の大幅な上昇を尻目とした米ドル/円の105円割れといった急落、また米国株も一進一退となる中での米ドル/円105円割れの理由の一つは、小動きの反動が結果的に米ドル下落をもたらしたことではないでしょうか。

米ドル/円105円割れ…その原因は?

11月の米大統領選挙が近付き、先週はまさに米大統領候補同士の2回目にして最後の討論会が行われました。では、先週の米ドル/円105円割れは、それと関係があるのでしょうか。

 

大統領選挙の見通しに影響があったなら、為替以上に株価に影響がしそうなものですが、上述のように米国株は一進一退に終始しました。米大統領選挙の、とくに為替への影響といったことを考えるなら、「アノマリー」に注目する必要がありそうです。

 

米大統領選挙年の米ドル/円には、長く小動きが続くものの、選挙前後に一方向への大相場へ「豹変」するプライス・パターンを繰り返してきたといった、米大統領選挙年の米ドル/円「アノマリー」があります。

 

その意味では、先週の米ドル/円の105円割れも、小動きから米ドル一段安への「豹変」といった「アノマリー」の可能性も気になるところでしょう。2016年の「トランプ・ラリー」、2012年の「アベノミクス円安」と呼ばれたような、米大統領選挙前後から一方向への大相場が始まる「アノマリー」は、今年も機能するのでしょうか。

 

米大統領選挙年に米ドル/円が大相場に「豹変」する一つのシグナルとして、90日MA(移動平均線)からのかい離率が±2%をブレークすると、そのまま大きく拡大に向かうということがありました(図表4参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表4]米ドル/円の90日MAからのかい離率(2000~2001年) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

足元の米ドル/円の90日MAは106.1円程度。従って、104円を割れると、90日MAからのかい離率はマイナス2%以上に拡大する計算です。アノマリー通りなら、104円以上に大きく戻らない、米ドル一段安の大相場が始まっていることになります。

 

先週の米ドル/円105円割れが、単なる小動きの反動に伴う一時的な動きに過ぎないか、それとも米大統領選挙年の米ドル/円特有の小動きから一方向への大相場に「豹変」が始まったのか、その見極めの目安の一つとなるのは、104円割れの有無だといえるでしょう。
 

 

 

吉田 恒

マネックス証券

チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

 

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

 

【関連セミナー】

※【12/5開催】勤務医のための「キャリア&資産形成」戦略セミナー

 

※【12/5開催】4泊5日で取得!フィリピン永住権取得術&最速フィリピン不動産投資情報

 

※【12/5開催】入居率99%がずっと続く「驚愕&堅実のアパート経営」の秘密を大公開!

 

※【12/8開催】会社法活用のカリスマ弁護士が語る!事業承継リスク対策×種類株式戦略

 

※【12/8開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」による富裕層の節税対策・資産運用法

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【勤務医限定】「良いニュース」と「悪いニュース」

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧