トランプ「敗北は認めない」の強硬姿勢…ドル/円への影響は?

11月3日に実施される米国大統領選挙は、勝敗の判明が大きく遅れる見方が強まっています。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、「現在の米ドル/円の小動きは(大統領)選挙の勝敗確定より早く終わる可能性もある」と述べています。今回は、過去の大統領選データから米大統領選挙の勝敗確定が遅れることで、米ドル/円にどのような影響が考えられるか見ていきます。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

「10/19~10/25のFX投資戦略」のポイント

[ポイント]​

・今回の大統領選挙は、勝敗の確定が11月3日の投票から大きく遅れるという異例の状況になるとの見方が強まっている。では為替相場も動くに動けない状況が続くのか?


・選挙の決着まで約1ヵ月かかった2000年のケースでは、勝敗の確定より早く、米ドル/円が90日MA±2%のレンジを抜けると、一方向へ大きく動き出した。

 

(画像はイメージです/PIXTA)
米国大統領選挙の勝敗確定は遅れる見通し…為替相場への影響は?(画像はイメージです/PIXTA)

米大統領選挙の決着は、大幅に遅れる見通し

米大統領選挙が半月後に迫ってきました。ただ今回の大統領選挙は、勝敗の確定が11月3日の投票から大きく遅れるという、異例の状況になるとの見方が強まっています。今回は大統領選の勝敗確定の遅延が、為替相場にどう影響するかについて考えてみたいと思います。

 

主な理由の一つには郵便投票の影響があります。コロナ問題により、郵便投票が大規模に行われる見通しとなっていますが、その開票にかなりの時間がかかることは確実で、このため、これまでのように開票から一日以内の勝敗確定はほぼ不可能と見られています。

 

また、大統領選挙の勝敗は、勝利宣言より敗北宣言で確定するとされます。たとえば、勝敗の確定が大きく遅れた例として、2000年の選挙のケースがありましたが、この時は12月に入り、最高裁のフロリダ再集計認めずといった判決を民主党・ゴア候補が受け入れることで事実上の敗北宣言となったことにより決着となりました。

 

ところが、今回トランプ大統領は自らに不利な結果は受け入れないとの姿勢を示していますから、「敗北宣言」がないままに、決着がつかない状況が延々と続く可能性もあるわけです。

 

11月3日の投票終了後も、勝敗が確定しない状況が続いた場合、為替相場にはどんな影響があるのでしょうか。上述のように決着が大きく遅れた2000年の大統領選挙のケースを参考に考えてみます。

勝敗確定より早く動き出した2000年のケースでは…

2000年の大統領選挙は、フロリダ州の集計に問題があり、再集計に時間がかかったことから、勝敗の確定は、11月7日の投票日から約1ヵ月も遅れるところとなりました。こういったなか、米ドル/円は107~109円といった2円程度の狭いレンジ中心の小動きが、投票後も続くところとなったのです(図表1参照)。

 

出所:リフィニティブ・データを元にマネックス証券が作成
[図表1]米ドル/円と90日MA(2000~2001年) 出所:リフィニティブ・データを元にマネックス証券が作成

 

ただ、そんな米ドル/円の小動きは、選挙結果の勝敗が確定するより早く終わりました。

 

上述のように、勝敗の確定は12月12日、民主党・ゴア候補が最高裁判決を受け入れた「敗北宣言」によるものでしたが、米ドル/円は11月20日過ぎにこの間ブロックされてきた109円を突破すると上昇が拡大、勝敗確定となった12月12日には111円程度まで米ドル高・円安となっていたのです。

 

ちなみに、2001年から始まるブッシュ政権では、2002年にかけて135円まで大幅な米ドル高・円安となりました。その意味では、この2000年の大統領選挙では、ブッシュ政権誕生が確定する前から、ブッシュ政権での大幅な米ドル高を先取りする動きが始まっていたわけです。

選挙結果より注目すべきは「90日MA±2%ブレーク」

そんな2000年大統領選挙前後の米ドル/円の動きを、90日MA(移動平均線)からのかい離率で見ると、長く続いた±2%のレンジを上抜けると、かい離率がプラス方向へ急拡大に向かったことがわかります(図表2参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表2]米ドル/円の90日MAからのかい離率(2000年4月~2001年6月) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

これは、この2000年に限らず米大統領選挙前後の米ドル/円におおむね共通してきたプライス・パターンでした。

 

米大統領選挙年の米ドル/円は、選挙前後に小動きから一方向への大相場に「豹変」するパターンを繰り返してきました。それを90日MAからのかい離率で見ると、「豹変」は±2%のレンジ・ブレークとほぼ一致したのです。

 

以上をまとめると、今年の米大統領選挙の決着は大きく遅れる可能性があるものの、似たような2000年の例などを参考にすると、米ドル/円の小動きは選挙の勝敗確定より早く終わる可能性もあるでしょう。90日MAからのかい離率が±2%をブレークした場合、それが仮に選挙の勝敗確定前でも、勝敗確定後のトレンドを先取りした動きが始まっている可能性があります。

 

最近の米ドル/円は90日MA±2%の範囲での小動きが続いています(図表3参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表3]米ドル/円の90日MAからのかい離率(2020年4月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

このレンジ・ブレークは、大統領選挙の勝敗とは別に、新たなトレンドを考える上での手掛かりになる可能性もあるのです。ちなみに、足元で90日MAを2%下回った水準は104円程度、2%上回った水準は108.3円程度といった計算になります。
 

 

 

吉田 恒

マネックス証券

チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

 

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

 

【4月開催のセミナー】

 

【4/15開催】三井が提案する時代に合った賃貸経営&2021年最新税制

 

※ 【4/16開催】築古アパート…自己資本利回り223%、驚愕の年利回り44% 

 

【4/17開催】社会貢献&安定収益を両立する「児童発達支援事業」

 

【4/17開催】中古1棟アパート…「利回り20%」「1年以内に売却益2千万」

 

【4/19開催】800万円から始めるNY州西部不動産利回り15%土地付き一戸建て

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧