若者がいない限界集落…最期まで「持ち家」に住む高齢者の末路

どうやって老人ホームを選んだらいいのか? それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者は断言します。そこで著者は、数々の入居者のエピソードを通して、ホームでの暮らしの悲喜こもごもを紹介。現在、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者が、実は知らない老人ホームの真実を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『老人ホーム リアルな暮らし』(祥伝社新書)の抜粋原稿です。

持ち家に住み続けると若者がいなくなる

持ち家があるのだから、最後まで自宅で暮らすのは当たり前?

 

持ち家があるのだから最後まで自宅で、という考え方はわからないわけではありません。なにより経済的です。しかし、いつまでも持ち家に居住することが本当に正しい選択なのでしょうか。

 

以前、こんな話がありました。老人ホームへの入居相談の中で、入居する資金は年金と持ち家の売却で計画で話を進めていたところ、持ち家が売れない、つまり資産価値がないという理由で頓挫したことがありました。かつては、一世を風靡したトレンディな住宅地だったのですが、今では住民の多くが高齢化し、若者が存在しない「限界集落」になってしまったので、住みたい人がいなくて売れなくなってしまったという話です。

 

いつまでも持ち家で暮らすことが正しい選択なのか。(※写真はイメージです/PIXTA)
いつまでも持ち家で暮らすことが正しい選択なのか。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

持ち家とは、親から子供に受け継がれることを前提に作られているはずです。

 

持ち家も次世代に受け継ぐことができれば、子供が生まれ、小学校や中学校に通うニーズが出現するので、永久に小学校は存在しますが、現実はそうなっていず、廃校になる小学校が目立ちます。多くの人は少子化、高齢化の影響だと片づけてしまいますが、この問題は、少子化ではなく持ち家を原因とする核家族化の影響だと私は考えています。

 

だから、持ち家を持っている高齢者は次のことを考えなければなりません。一つは、子供に持ち家を引き渡すこと。もう一つは、子供が持ち家は不要であれば、子供世代の若者に持ち家を引き渡すことです。引き渡した後は、自分のライフスタイルに便利な住宅に移り住めばよいのです。高齢者夫婦の場合は、郊外の一戸建ては不便です。都心の駅近のマンションのほうが生活はしやすいはずです。

 

逆に、一気に地方に移住することを考えても良いのではないでしょうか。生まれ育った故郷に移住するという方法もあります。さらに、どちらかが亡くなり、又は要介護状態になった場合は、サービス付き高齢者向け住宅という選択肢もあります。もちろん老人ホームという選択肢も可能です。いずれにしても、持ち家に住み続けることで、よい結果が出ないケースがあるということを理解しなければなりません。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載実は知らない老人ホームの真実

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧