手遅れか…「空き家」「荒廃マンション」急増の恐ろしい実態

2019年に厚生労働省が発表した人口動態統計月報年計(概数)の概況によると、2018年の出生数は91万8,397人となり、調査開始以来の過去最少の数値を記録しました。一方で、同年における65歳以上の人口は3,515万人。総数の27.7%にものぼります。まさに「超少子高齢化」が進む日本ですが、それに伴い深刻化しているのが「空き家」問題です。本記事では、我が国における「空き家」の実態を解説します。

空き家・空き住戸の問題が解決しない理由とは

賃貸マンションの場合には、共同住宅ならではの問題もあります。住環境を重視し、それなりの家賃が支払える入居者は、それなりの社会的ステイタスがある場合がほとんどです。こうした入居者が絶えず入っているマンションは、マンションそのものが美しく維持され、スラム化することもありません。

 

しかしオーナー側が借り入れ返済を優先するあまり、「安くてもいいから家賃を確保したい」と来る者を拒まずに入居者を受け入れてしまうと、経済的な面、あるいは治安やモラル的な側面からも適切にマンションが維持されず、マンションのスラム化に陥ります。そこからさらに入居不振という悪循環につながってしまうのです。

 

また戸建ての空き家が増えている理由には、単身で暮らしていた所有者が亡くなったり、介護施設などに移ったまま戻らなかったりというケースがあります。また壊したくても、解体費用に数百万円もかかる場合もあり、その費用が捻出できないこともあるでしょう。

 

さらに税制の問題から空き家を「そのままにしておいたほうがいい」と考える場合もあります。小規模住宅用宅地では、その土地に建物があれば固定資産税が6分の1に減免されますが、更地にすると制度が適用されません。そうなると、所有者にとってはぼろぼろの空き家でも「立っていたほうがいい」となるのです。

 

また、更地にした場合、新たな建物を建てられないこともあります。一例を挙げれば、現行の建築基準法では一定以上の幅のある公道に面する部分が2m以上ないと建てることができません。そのため条件を満たしていない場合には、やはり「壊さない」という選択になりがちです。

 

こうした空き家問題の多くは、これまで人口減少が顕著な地方の自治体で起こっていました。ところが現在は、人口の減少はそれほど顕著でもないはずの首都圏の郊外などで起き始めているのです。住宅の需要が首都圏であってもより都心部に向かう傾向があることや、相続のトラブルなどから空き家が増えている場合もありますが、だからといってこのままにしておいていいということはありません。

 

この問題の対応のため、政府は2014年11月には「空家等対策特別措置法」を制定し、「特定空き家」に対し適切な管理を促す指導・勧告などのほか、跡地の活用促進、行政代執行なども可能にしています。勧告に従わない場合は自治体が強制的に取り壊し、解体費用を所有者に請求する場合もあります。

 

また空き家の問題は故人の遺品整理やごみの問題などを含んでいることがしばしばあります。これらを含めた管理や活用のアドバイスを行うNPO法人や空き家バンクなど、現在ではさまざまな取り組みが行われています。

 

空き家に至る事情やその状態もさまざまです。ストック住宅の一種として活用に向けて意識の転換が必要な場合もあるでしょう。空き家の問題には、現在の日本が抱えるさまざまな問題が含まれているのです。

生和コーポレーション株式会社 設計部副部長
美術学修士
一級建築士
賃貸不動産経営管理士
愛知県立芸術大学大学院非常勤講師 

1965年愛知生まれ。生和コーポレーション株式会社設計部副部長。愛知県立芸術大学大学院卒業後、建築事務所に入社、建築物デザインに携わる。その後生和コーポレーションに入社し、収益不動産の計画、設計、建築を担当。「企画・経営管理力」「豊富な商品力」「ニーズを具現化する技術力」「安定した高入居率」を武器に、ただ収益を上げるためだけではなく、「豊かな生活を送れる街づくり」を考えたマンションを建設している。美術学修士、一級建築士、賃貸不動産経営管理士。愛知県立芸術大学大学院非常勤講師。

著者紹介

愛知工業大学工学部建築学科 愛知工業大学工学部建築学科教授

1958年静岡生まれ。愛知工業大学工学部建築学科教授。同大学を卒業後、東孝光建築研究所、北岡デザイン事務所を経て、1986年「安井秀夫アトリエ」を開設する。インテリアから建築、都市計画と幅広く設計・デザイン活動を展開し、現在では海外でも設計を行っている。研究テーマは建築計画、建築設計、インテリアデザイン、環境デザイン。1997年国際照明デザイナー協会賞、1998年IIDA北米照明学会賞を、海外で受賞。国内でもNashopライティングコンテスト最優秀賞、旭硝子デザインセレクション大賞など、数多くの受賞経験を持ち、国内外で高い評価を受けている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

これからのマンションに必要な50の条件

これからのマンションに必要な50の条件

熊澤 茂樹,安井 秀夫

幻冬舎メディアコンサルティング

供給過多により空室リスク・管理不全を回避せよ! マンションの資産価値を高め、数十年先も安定収入を生み出すために知っておくべき50の条件 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、都心部を中心にマンシ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ