「毎日シャンプーしなければ、髪は不潔になる」はウソなのか?

毛髪を健康に保つには、何をすればよいのでしょうか。男女ともに身近なヘアケアといえば、やはり「シャンプー」でしょう。「シャンプーは毎日すべき」「シリコン入りは髪に悪い」「ケラチン配合なら育毛効果がある」など、世間には多くの「薄毛対策の常識」が流布しています。しかし、そういった「常識」には事実に反するものも少なくありません。※本記事は、青山セレスクリニック(青山院・川口院)理事長の元神賢太氏の著書『専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本』(2017年刊行)より一部を抜粋・編集したものです。

「シャンプーは毎日すべき」世間が信じるヘアケアの嘘

巷には「薄毛を解消する」ためによいこと・悪いことといった情報が数多く流布していますが、中には「常識のウソ」のような間違ったものも少なくありません。例えば「シャンプーは必ず毎日しなければならない」というような、薄毛を解消するどころか、むしろ促進してしまう恐れのある迷信的な情報すらありますから、注意することが必要です。

 

以前の記事『「生えなかった…」被害女性続出、薄毛ビジネスのひどい実態』で、育毛シャンプー、発毛シャンプーと呼ばれる類のものについて、お話ししました。ここでは日常で頭髪を洗浄するための一般的なシャンプーについて考えていくことにします。「一般的なシャンプー」といっても、じつにさまざまな商品がありますが、これもメーカーが売上を伸ばすための戦略。髪にいいかどうかは度外視…という実態があります。

 

そもそも髪を洗うという行為の歴史は古く、海外では紀元前に神へのみそぎの儀式として始まったといわれます。一方、日本では古代には髪を水で洗うという習慣はなく、稲や麦の茎を粉末にして髪にまぶしたうえで、丁寧にくしでとかして髪の手入れをしていたようです。日本人が髪を水で洗うようになったのははるかあとで、江戸時代末期のこと。ふのりやうどん粉、うぐいすや鳩のフン、粘土、卵の白身、椿油のしぼりかすなどがシャンプー代わりに使われていたそうですが、実際に髪を洗うのは上流階級でも1ヵ月に1度ほどの頻度だったといいます。

 

明治時代に入り、石鹸を使うことが一般的になると、体も髪も同じ石鹸で洗うようになりました。「シャンプー」という言葉は昭和6年、髪も体も洗うための洗い粉の販売とともに初めて登場します。その後、さまざまなメーカーから洗い粉のシャンプーが発売されるようになり、昭和30年頃から、使いやすい液体シャンプーがお目見えしました。

 

昭和60年頃からは、夜と朝に1日に2回シャンプーをする“朝シャンブーム”によって、シャンプーの需要が急増します。さらに香りのよいシャンプーや、「フケ・かゆみ用」「ダメージヘア用」「パーマ・カラーリングヘア用」のシャンプーなど、用途に合わせた製品が数多く出回るようになりました。

「髪にいい成分」に実質的な効果はない

今では「髪によい」とされるさまざまな成分を含んだシャンプーやトリートメントも多く存在し、どれを選ぶべきか迷うほどです。

 

たとえば「ケラチン」。ケラチンは毛髪を構成する重要なタンパク質なので、実際にそれがシャンプー類に入っていれば髪によいと思われるでしょう。しかし、シャンプーをしている短い時間でケラチンが毛根に吸収されることはありませんから、実際には効果はありません。

 

一方、最近はノンシリコンシャンプーも支持されています。「ノンシリコン」という言葉から、なんとなく「シリコンはよくない」というイメージができ上がっていますが、じつは「シリコン」自体は悪い成分というわけではありません。シリコンには、髪を洗うときに、髪の摩擦を軽減してくれる効果があります。そのため髪が長い女性などはシリコン入りのシャンプーのほうが適している場合もあります。

 

いずれにしても、「シリコンシャンプーは髪に悪い」というのはウソです。シリコンかノンシリコンかは薄毛とは関係ないという医学論文も出ていますので、あまり気にする必要はないでしょう。

 

シャンプー(※写真はイメージです/PIXTA)
「せっかくなら髪によいシャンプーを」と考えるが…(※写真はイメージです/PIXTA)

青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。 「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧