「私は認めない!」遺言書を読んだ長女、まさかのちゃぶ台返し

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、不動産にまつわる相続トラブル事例をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

母が急逝…子どもを心配した父が家政婦を雇う

[登場人物]
●Aさん…父。会社創業者であり、現社長
●Bさん…長男。次期社長
●Cさん…次男。次期副社長
●D子さん…長女。きょうだいのなかで、唯一、父創業の会社と関わりがない
●Eさん…三男。次期専務
●Nさん…Aさん一家の家政婦

 

「びっくりしましたよ。急に態度が一変しちゃうんですから」

 

そう話すのは、Aさん一家で20年以上家政婦として働くN子さん。先日、主人のAさんが亡くなりましたが、そのあとに起こったきょうだい喧嘩を振り返りました。

 

Aさんは、50人ほどの従業員を抱える会社の社長を務めていました。その会社は、Aさんが30歳で脱サラして起こしたもので、創業から40年、休みらしい休みもとらずに働いてきた結果、大きくなった会社でした。

 

Aさんは脱サラする5年前に結婚。起業したときには、すでに長男と次男が生まれていました。起業し、段々と会社もまわり出したころ、Aさん40歳を前にして、長女と三男が誕生。Aさんは、忙しくも充実した毎日だったと、振り返っては何度も何度も思い出話をNさんにしてくれたといいます。

 

NさんがAさん一家を訪れたのは、Aさんが50代のころ。長男のBさん、次男のCさんが大学を卒業し就職、長女のD子さんが高校生、三男のEさんは中学生でした。きっかけは、Aさんの奥様の急逝。悲しみのなかでAさんが心配したのは、多感な時期であるD子さんとEさんの存在でした。

 

経営者として忙しく、なかなか親として子どもたちと接する機会がなかったというAさん。それでも一家が楽しく暮らせたのは、母親の存在があったからでした。その存在が急にいなくなり、どうしたものか、と考えたAさん。とにかく、いつも子どもたちのそばにいてくれる大人の存在が必要と、家政婦を雇うことに。Nさんが派遣されたのです。

 

Nさん、当時を振り返ります。

 

「男の子は、比較的すぐに打ち解けてくれたんですよ。問題はD子ちゃん。明らかに私のことを避けて、同時に、旦那様も避けるようになったんです。どうも私を再婚相手だと勘違いしていたようで。『お母さんが亡くなったのは、お父さんのせいだ!』と旦那様に怒りをぶつけていましてね」

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧