投資嫌うが「住宅ローンという大ギャンブル」には能天気だった

大和証券、日興証券、野村證券を渡り歩いた原田茂行氏は、顧客資産を1660万円を12億5000万円まで増やした投資のスペシャリストです。投資を毛嫌いする日本人も多いですが、同氏は書籍『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』(幻冬舎MC)にて、日本人の抱える大きな矛盾を指摘しています。

片道1時間半以上を通勤に費やす意味を考えたことは?

■リスクを抑える分散投資

 

証券会社時代は数年ごとに転勤があり、私はそのたびに単身赴任していました。たとえ、自宅から電車で通える距離の赴任先であっても、です。仮の住まいとして、仕事場から数分という徒歩圏内の場所を選んでいました。通勤ラッシュに巻き込まれながら、時間をかけて職場へ通うことは絶対に嫌でした。

 

というのも、私は中学高校時代、すし詰め状態の電車に揺られながら、往復3時間をかけて毎日通学していたのです。人生を損しているような気がしてなりませんでした。6年間でロスしたものは計り知ることができません。この経験から、私は通勤時間を常に10分以内にしています。

 

通勤通学に捧げる時間や体力というのも、私は一つの投資であると思っています。

 

ローンを組んで家を買うことへのリスクといったら尋常ではない。
ローンを組んで家を買うことへのリスクといったら尋常ではない。

 

リスクがあり、リターンがあります。地価の安いところに居を構え、片道1時間半以上をかけて職場へ通う人がいます。確かにコスト面では恵まれていて、金銭的なリターンが期待できるでしょうが、結果的に大きなリスクを冒していることもあり得るのです。通勤時間に疲れ果てて、労働意欲を失ってしまったら元も子もない話です。

 

あくまで私の場合ですが、住まいが職場に近ければ近いほど、仕事に打ち込め、ストレスを溜めることもなく、最大限のリターンを受けられると考えました。だから、職場から数分という住まいを借り、仕事へ専念するようにしてきたのです(ただこの生活を選んだことが、課長になった直後にうつを発症した要因の一つになった可能性も否めないのですが……)。

 

IFA
自由が丘財産コンサルタンツ合同事務所代表
一般社団法人 シニアウェルスライフ協会代表理事 

青山学院大学経営学部卒業後、大和証券営業課長、日興証券、野村證券でのファイナンシャルアドバイザー経験を経て、2010年に独立しIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)となる。
日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト。

投資雑誌『株主手帳』毎月連載中。囲碁3段。

著者紹介

連載株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

原田 茂行

幻冬舎メディアコンサルティング

オタク的に株を愛する著者が導き出した「足で稼ぐ」投資とは――ヘタなテクニカル分析は時間とお金のムダ!? 「推し銘柄」は決算説明会や展示会でこそ出会える! 過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や投資に失敗する人の共通…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧