「役立たず!」遺産争いを避ける平和主義の長男に、嫁が一喝

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、相続人の妻が遺産相続に介入したことで起きた相続問題をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

親戚も萎縮する、強すぎる長男の嫁

「あそこの奥さん、モンスターみたいだから」と肩をすくめるB子さん。モンスターといったのは、義兄の妻のこと。B子さんの夫は三人兄弟の次男で、三男家族とは仲がよく、食事に行ったり、夏休みになるとキャンプに行ったりと、家族ぐるみの付き合いがありました。しかし長男家族とは必要最低限の付き合いしかなかったといいます。

 

「問題は、あそこの奥さんなんですよ……とにかく、強いんです」

 

見た目は同性から見ても美しくで、憧れるようなビジュアル。元々、キャビンアテンダントだったいうのもうなづけます。

 

「私たち夫婦のほうが結婚は早くて。お義兄さんが今度結婚するからと紹介されたときは、『こんな人と親戚になれるなんて』とテンションがあがったんですけどね」

 

義兄の結婚してからしばらくは、普通の親戚づきあいがあったといいます。しかし変化が生まれたのは、義兄に子どもができてから。義兄の妻は、急に性格がキツくなったといいます。

 

「最初は、子どもに関係することだけだったんですよ。すごく教育熱心で、全精神を子どもに費やしちゃう感じ。でも段々と、すべてのことに神経質になって……お義兄さん、よく親戚の前でも怒鳴ったりするようになったんです。その矛先がわたしたちにまで及ぶことがあるから、避けるようになっちゃった」

 

耳にするのは、モンスターペアレントと化した義兄の妻の噂。子どもはお受験をして有名小学校に通っていましたが、そこで1週間に1度は学校に物申しているというもの。

 

「すごい剣幕で先生を恫喝したりしているから、周囲のお母さんたちも一線を引いているみたいですよ。この前、お義兄さんが『もう手を付けられない。猛獣みたいだ』と。少しやつれて見えたけど、大丈夫かしら……」

 

ある日のことです。義父が倒れたという一報がB子さんの元に届きました。義母は3年前に他界。ひとり暮らしを続けていた義父でしたが、最近は足腰が弱くなり、心配していた矢先のことでした。病院に搬送された義父は、一命はとりとめたものの、予断を許さない状況でした。

 

兄ちゃんの嫁さん……ほんとうに怖い
兄ちゃんの嫁さん……ほんとうに怖い

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧