「約束と違うじゃん!」遺産総取りの出戻り長男…呆れた醜態

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、母の認知症に端を発した相続問題をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

三兄妹…離婚を機に実家に戻ってきた長男

「わたしが小学生だったころは、まわりに家なんて全然なかったのよ」

 

そう我が子に話すA子さん。1年ぶりに帰省したら、子どものころの記憶とはかけ離れた実家周辺にビックリしたといいます。

 

「なにを、そんなに昔の話をしているのよ」とA子さんの母。母いわく、A子さんは帰ってくるたびに同じことを繰り返すのだといいます。

 

「たしかに、この家を買ったばかりのころは、まわりは一面原っぱだったけど、あなたが大学生になったころには、ずいぶんと家が建っていたはずよ」

 

「大学から家を出ているんだから、そんな記憶ないの、当然じゃない」

 

この場所にA子さんの父が家を買ったのは、A子さんが小学生のころ。郊外とはいえ、庭つき一戸建てへの引越しに、A子さんは2人の兄とともに大喜びした記憶があります。当時、一番上の兄は小学校6年生、2番目の兄は4年生、A子さんは1年生。それまでマンモス校に通っていたA子さんたち。転校した小学校の児童数の少なさに、とても驚いたといいます。

 

3人の兄妹は、みな、大学進学を機に実家を出ました。父は2時間かけて会社に通勤していましたが、子どもたちは、みな大学近くの下宿に暮らすことを選びました。

 

「お父さん、定年までの30年、往復4時間かけて通勤していたんだよね。すごい根性よね」

 

3人の兄妹は、みな、大学卒業後したあとも実家に帰ってくることなく、就職、そして結婚。あれほど、郊外の家に大喜びしていたのに、3人とも都会暮らしを選びました。「お父さんのように、片道2時間の通勤時間は……ちょっとね」と3人は口を揃えていったといいます。

 

「今度、お兄ちゃんが帰ってくるって。部屋もたくさんあまっているから、いいわよって」と母。先日、長男は離婚。妻と子どもはそのまま自宅に住み、長男が家を出ることになりました。

 

「『慰謝料代わりに自宅を』ってところかしら」とA子さん。「さあね。でも長引かなくてよかったじゃない。親の仲の悪いところ見せ続けるの、Tちゃん(=長男の子ども)によくないもの」と母。こうして長男が家を出てから20年ぶりに実家に帰ってきました。そのあとしばらくして、家族を揺るがす事件が起こります。父が突然亡くなったのです。

円満相続税理士法人 代表 税理士

中学・高校とバンド活動に明け暮れる。大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人山田&パートナーズに正社員として入社する。

税理士法人山田&パートナーズでは相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算300件以上。また、三井住友銀行・静岡銀行・ゆうちょ銀行を中心に、全国の銀行で年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。

税理士の使命は、難解な法律や税金をできる限りわかりやすく伝えることだと考えている。平成29年1月に表参道相続専門税理士事務所を設立し、平成30年より法人化に伴い、円満相続税理士法人に商号を変更した。

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧