「いったい誰の子なの⁉」死を直前にした兄が、妹に告白を…

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、とある兄と妹の間で生じた相続問題をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

結婚と離婚を繰り返す兄が、6度目の結婚

「また結婚するの?」と呆れたようにいうA子さん。その言葉は、3歳上の兄に向けられたものです。

A子さんの兄は、大学を卒業した直後、23歳で1度目の結婚。相手は学生のころから交際している同級生でした。しかし、その2年後には離婚をしました。

 

「やっぱり、恋愛と結婚は違ったね」とあっけらかんと話す兄に、A子さんも「縁がなかったのね。離婚なんて、珍しい時代じゃないから」と、すんなり受け入れることができたそうです。

 

その後、兄は30歳を前に再婚。いわゆる合コンで知り合った女性でした。「今度こそ、良い人が見つかってよかった」と祝福をしたA子さんでしたが、今度は1年もたたずに離婚に。「生活スタイルが180度違った」という離婚理由を聞いて、「そんなこと、結婚する前にわかっていたでしょ」と疑問をぶつけたA子さんでしたが、兄は「結婚してみないとわからないんだよ」とケロリといってのけました。

 

その後も、結婚と離婚を繰り返した兄は、来月には50歳を迎える前に、6度目の結婚をするというのです。

 

「もうわたし、最初のお嫁さんも、次のお嫁さんも、その次のお嫁さんの顔も覚えてないわ。勝手にしたらいいわ」

 

こうしてAさんは、50歳を前に6度目の結婚をしました。恋愛、結婚の面ではまったく尊敬できない兄でしたが、そこを除けば尊敬できる兄だとA子さんはいいます。子どものころは勉強ができて、スポーツができる、自慢の兄でした。そして、独立志向が強く、30歳を前に独立し、いまでは、従業員を抱える社長となっていました。

 

「会社はもう20年近く続いているのに、なんで女性とは続かないんだろう……」

 

首を傾げるばかりの兄に、さらに驚かされることが起きるのは、半年ほど経ってからのことでした。

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧