イメチェン中の街「錦糸町」…やはり南口には住みたくない?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身の会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、JR総武線「錦糸町」駅。

まさかの「PARCO」誕生で、街の注目度上昇

「錦糸町」駅は東京都墨田区にある、JR総武線(各駅停車/快速)と東京メトロ半蔵門線が交わる接続駅です。JR駅の1日の乗車数は10万人ほど、東京メトロ駅の乗降客数は10万人で、両線とも東京スカイツリーの開業を機に増加傾向にあります。

 

1894年(明治27年)に現JRと駅が開業した際の名称は「本所」駅。現在の名称になったのは、1915年(大正4年)のことです。錦糸町という名称の由来は諸説ありますが、有力なのが、本所七不思議の「おいてけ堀」でもとになった「錦糸堀」。駅北口の北斎通りに位置していたといわれています。

 

錦糸町は亀戸とともに、東京都が策定した7箇所の副都心のひとつ(ほかは新宿、渋谷、池袋、上野・浅草、大崎、臨海)。駅周辺には大型商業施設が点在します。駅北口を出て左手にある「アルカキット」は元々「錦糸町そごう」で、2000年の経営破綻により閉店。2002年に現在の名称でリニューアルオープンしました。さらに押上方面に言った先には、時計メーカー・セイコーの工場跡地の再開発によって誕生した「オリナス」。ショッピングモールやシネマコンプレックス、オフィス、マンションが一体となった複業商業施設で、隣接する錦糸公園は周辺住民の憩いの場となっています。再開発などで比較的新しい施設の多い北口ですが、通りから一本入れば、下町らしい風景が広がる住宅地になっています。

 

南口の「東京楽天地」は、錦糸町の歴史そのもの。開業は1937年、劇場や映画館、遊戯施設、飲食店などが入るレジャー施設としてオープン。戦後には場外馬券場が誘致されたり、観覧車や空中ケーブルカーが設置されたりと、人々を楽しませました。80年代には再開発によるリニューアルで、西武百貨店(のちに業態変更で「リヴィン錦糸町店」に)へ。近年、さらなるリニューアルで、西友錦糸町店、残りのフロアは2019年に「錦糸町パルコ」としてオープン。下町・錦糸町にあのパルコがオープンする、ということで大きな話題になりました。

 

ほかにも南口には、「マルイ」や「ヨドバシカメラ」といった大規模店がありますが、多くの人がイメージする錦糸町といえば、南口の場外馬券場とその周辺の飲食・風俗街ではないでしょうか。いまは規制によりみられなくなりましたが、道にまでテーブルが出され、昼からお酒を飲み競馬に興じるおじさん…そんなイメージが今なお強烈に残っています。

 

警察による取締りも強化
警察による取締りも強化

 

そんな錦糸町の家賃水準をみてみましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は8.2万円、11分を超えると6.68万円という水準です(図表1)。墨田区全体の家賃水準と比較すると、「錦糸町」駅周辺は家賃水準の高いエリアです。特に再開発により新しい新築物件の多い駅周辺エリアでは高い水準になっていますが、駅から離れるとリーズブルな賃貸物件が多いエリアが広がります。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(4月22日時点) ※単位は万円
[図表1]「錦糸町」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(4月22日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

会社員の適正家賃から考えると、新築の賃貸物件の多い駅周辺は30代会社員でないと検討できない家賃水準ですが、駅から離れると20代でも検討できるエリアになります。駅南口エリアには、「錦糸町」をイメージする繁華街が広がっているので、特に女性であれば北口エリアがおすすめです。

あらゆる利便性は高いが、やっぱり気になる南口

交通の利便性を見てみましょう。JR総武線各駅停車で「秋葉原」には7分、総武快速線「東京」には8分、「品川」へは18分です。東京メトロ半蔵門線を利用すれば、「大手町」15分、「永田町」24分。さらに乗り換えなしで「新宿」には20分、「渋谷」32分でアクセスでき、東京の主要エリアへのアクセスは非常にスムーズです(所要時間は平日8時に「錦糸町」駅を出発した場合の目安)。

 

次に生活利便性を見ていきましょう。駅北口の「アルカキット」には「ライフ」、駅南口の「東京楽天地」には「西友」が入り、駅から離れた住宅街にも「まいばすけっと」や「マルエツ」などのスーパーが点在。駅ビルの「テルミナ」には「成城石井」や「ザ・ガーデン自由が丘」がテナントとして入っているので、“ちょっといつもより良いもの”が駅周辺で手には入ります。遠方から買い物客が訪れような街なので、食材から日用雑貨などの日常品はもちろん、電化製品や衣類などのある程度の買回り品も錦糸町で揃えることができるでしょう。

 

また飲食店のバリエーションも豊富。単身者でも気兼ねなく入れる外食チェーン店のほか、“おやじ”が大好きな立ち飲み屋や居酒屋が集積。驚くほどの低価格でお腹いっぱいに食べられる昔ながらの定食屋など、一人暮らしの強い味方となる個店も残っているので、外食派の人でも安心です。

 

問題は治安です。錦糸町の南口エリアの繁華街、江東橋3〜4丁目は、東京の中でも犯罪件数の多いエリア。南口エリアだけで、検挙されている暴行事件が40件、傷害事件が23件起きています(2018年)。治安は新宿・歌舞伎町と匹敵するという人もいるほどで、夜間、女性の一人歩きはおすすめできません。

 

再開発、そして渋谷のイメージが強い「パルコ」の誕生で、注目を集める「錦糸町」は、近年、特に職住兼ね備えた街として人気が高まっています。駅周辺には大型商業施設が集積し、すべてが錦糸町だけで済ますことができるほど、充実した街だといえるでしょう。しかし、昔ながらの錦糸町のイメージである、“ちょっと怖い街”という側面は、いまなお残っています。そんな一面も街の魅力ですが、住むことを前提にするのなら、駅の北口エリアで居住を検討するのが正攻法だといえるでしょう。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧