家賃が安い「久我山」だが「吉祥寺」なしでは生きられない!?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身の会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京王井の頭線「久我山」駅。

久我山は23区でもリーズナブルな家賃水準

「久我山」駅は東京都杉並区にある、京王井の頭線の駅です。急行が停車し、一日の乗降客数は4万人ほどです。

 

名前から、久我山という山を探しても見つけることはできません。「くが」には空閑地や陸地という意味があり、新開地ということからこの名がついたといわれています。地名そのものは古くからあり、玉川上水と神田上水の間の起伏が続く一帯の名称として使わてきました。

 

久我山といえば、昨今、地域活性化の一環でキーワードになっているのが、ホタル。「久我山ホタル祭り」が始まったのは、1996年。毎年6月の土日に開催されるイベントで、2日間で5万人を超える人が訪れるそうです。このイベントの最大の目玉が、ホタル鑑賞。エリアを流れる神田川と玉川上水の2ヵ所に会場が設けられ、商店街と杉並区内の学校で人工飼育された約2,000匹のホタルを一斉に放流。川沿いの遊歩道を回遊しながら、川面のホタルを鑑賞できるそうです。小さな黄緑色のホタルの光が、あちらこちらで瞬き、幻想的な光景が広がります。この2日間は、1年を通して街が一番にぎやかなとき。フリーマーケットや屋台、夜にはビアガーデンも設けられ、ビール片手にホタル鑑賞など、都区内でありながら、趣深い時間を過ごすことができます。

 

そんな、都内でありながら自然を大切にする久我山は、駅周辺に閑静な住宅街が広がります。駅から南北に走る通り沿いには「久我山商店会(ハミングロードくがやま)」があり、スーパーマーケットや銀行のほか、個店を中心とした飲食店が点在。街のサイズにぴったりな規模の生活に密着した商店街で、夕方には郷愁を感じる雰囲気が漂います。

 

住環境のよさからファミリー層に人気の街ですが、若者に人気の吉祥寺や渋谷にアクセスするのに便利な立地から単身者物件も多く、通勤時間には多くの会社員が駅を利用します。

 

久我山周辺の玉川上水
久我山周辺の玉川上水

 

そんな「久我山」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は5.84万円、11分を超えると6.20万円となっています(図表1)。駅から離れると専有面積の広い物件や、リノベーション物件が多くなり、家賃がアップしているようです。杉並区全体の家賃水準と比較すると、豊島区では駅徒歩10分圏内の平均家賃は6.42万円、11分を超えると6.11万円。「久我山」駅周辺は、杉並区内でも家賃水準がリーズナブルなエリアだといえます。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(4月23日時点) ※単位は万円
[図表1]「久我山」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(4月23日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

会社員の適正家賃からみてみると、「久我山」周辺は、20代の若手会社員でも十分に居住を検討できるエリアです。久我山で目につくのは、駅から少々離れたところにある、低層のデザイナーズマンション。多くの人が憧れを抱くような物件ですが、残念ながら適正家賃以上。とはいえ、駅チカ、築年数もそこそこ浅く、専有面積も20㎡以上の物件が、適正家賃内で見つけることができるのは、大きな魅力です。

久我山で「買い物」も「食事」は難しい!?

交通の利便性をみてみましょう。「久我山」駅から「吉祥寺」駅へは6分、「渋谷」駅へは25分。また「新宿」へは「明大前」駅乗り換えで27分、「東京」へは「吉祥寺」乗り換えで46分でアクセスできます(所要時間は平日8時に「久我山」駅を出発した場合の目安)。また平日通勤時間帯には4分に1本ほどの割合で電車が来るので、電車が来なくてイライラすることもありません。井の頭線の混雑率は150%弱といわれていますが、「吉祥寺」駅方面、「渋谷」駅方面の電車、いずれも、改札口の関係で先頭車両は激混みです。混雑を避けるなら、後方車両がおすすめです。

 

次に生活利便性を見ていきましょう。前出の通り、駅の近くを南北に走る通り沿いには商店街が広がっています。その規模は大きくはなく、個店が中心。閉店時間も早いところが多いので、単身の会社員にとって使い勝手がいいとはいえません。普段の買い物は北口の「ピーコック」か南口の「サミット」になるでしょう。たいていの最寄り品はこれらの店で手に入るので、日常で困ることはありません。しかし買い物に便利な吉祥寺が至近という立地なので、普段から依存度が高くなりそうです。

 

飲食店は、駅前にファミレス、牛丼、中華料理のチェーン店が1店ずつ。単身者にも入りやすく、重宝します。商店街には地域密着型の飲食店が点在しますが、単身者でも利用しやすいのはラーメン店程度。外食派はほかで済ませてから帰宅、というパターンが多くなりそうです。

 

久我山は、ホタルが舞う豊かな住環境が広がるエリアです。駅北口と南口、それぞれにあるスーパーで日常生活に必要なものは手に入りますが、吉祥寺が近く、買い物も外食も依存することが多いでしょう。住環境はよく、商店街を外れた路地は街灯も少なめですが、治安はよく、女性でも安心です。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧