「もう部屋には入れないよ」73歳・独居老人に強制執行の末…

長屋の1軒に住む鮎川健一郎さん(73歳)は、5万円の家賃を滞納し続けていた。その額はすでに70万円を超えていたため、建物明け渡しの手続きが進められていったが、裁判当日、鮎川さんは答弁書も出さず、裁判所にすら出廷しなかった。そこで家主は「強制執行」することを選択したのである。※本連載では、章(あや)司法書士事務所代表・太田垣章子氏の書籍『老後に住める家がない!』(ポプラ社)より、高齢者の賃貸トラブルの実例を挙げ、その実態に迫っていく。

「鮎川さん? 今日、強制執行って知っていた?」

強制執行で室内の荷物が撤去される日、鮎川さんは不在でした。執行官は室内に立ち入り、補助の人たちの手で荷物がどんどん運び出されます。40m2ほどの室内のどこにこれだけの物が収まっていたのか、そう不思議に感じるほど物が出てきます。

 

たとえばテニスボール。スーパーの買い物かご5つ分ほどありました。ビニール傘。使えないような物も含めて、60本以上はあったでしょうか。スーパーの買い物かごも、何カ所かのスーパーから持ち帰ったのか、種類の違うものを合わせて30個ほどもありました。ゴルフボールも、ゴロゴロとスーパーのかごに入っています。

 

自転車は3段に重ねられたところもあり、狭い敷地ながら建物をぐるっと囲むように80台ほどが置かれていました。これまでも何度か市が自転車を撤去したこともあるので、結局鮎川さんは百台単位の自転車に乗って帰ってきたことになります。

 

「収集癖だな……」

 

執行官が呟いたその時、新たな自転車に乗った鮎川さんが戻ってきました。

 

「鮎川さん? 今日、強制執行って知っていた? もう部屋には入れないよ」

 

執行官が声をかけましたが、鮎川さんから反応はありません。一瞬現場は凍りつきました。完全に認知症なら、強制執行するかどうかの判断になるからです。

 

「どないしたん?」

 

緊張感で固まった空気を、一人のおばちゃんの声が打ち破ります。

 

「もう家入られへんねん」

 

鮎川さんは事態を把握しているようです。今までずっと無言だったのに、顔見知りの女性とは話をするようです。

 

「ほな、ウチの家おいで」

 

そう声をかけられ、拍子抜けするほど簡単に、次の住処が見つかりました。

 

執行官が身の回りの物を持っていかなくてもいいのかと声をかけましたが、その問いかけも届かなかったのでしょうか。鮎川さんは、まさに着の身着のままの状態で、自転車館を後にしました。

 

自転車が取り除かれた長屋は、その全貌が露呈され、今にも崩れ落ちそうな勢いでした。

 

長屋は、今にも崩れ落ちそうな姿だった
長屋は、今にも崩れ落ちそうな姿だった

家主がホッとしたのもつかの間…警察から電話が

家主は滞納された家賃の回収も期待できず、鮎川さんに退去してもらうために訴訟と強制執行の手間と費用がかかりましたが、それでも近隣に迷惑をかけることなく終えられたことにホッとしたようでした。

 

「建物は、阪神大震災でもダメージ受けただろうからね。倒壊でもしたら大変。自転車だってあれだけ積まれたら、廃墟と思われて放火でもされたら一大事だったから。相続で不動産を承継したけど、正直、面倒なことを押し付けられた気がしますよ。とにかくすぐに取り壊します。それからどうするかは、ゆっくり考えます」

 

新米家主にとっては、強烈パンチだったのでしょう。やっと解決して、心から喜んでいるようでした。

 

「自分もこの長屋の家賃収入で大学まで行かせてもらったのだろうから、軽く賃貸経営っていいなと思っていましたが、建物も入居者も歳とっていくってこと、初めて分かりましたよ」

 

そう言ってホッとしていた家主は、建物が取り壊された頃に、また警察から電話を受けることになるのです。

 

次ページは:「警察でご飯を食べるために」万引きを繰り返す…

 

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載老後に住める家がない!明日は我が身の「漂流老人」問題

老後に住める家がない!

老後に住める家がない!

太田垣 章子

ポプラ社

今すぐ、「住活」を始めなさい!「住活」とは、自分のライフプランに合った「終の棲家」を得ることです。60代以降の自分の収入を確認して、最期まで払っていける家賃に合う住居を決めるのです。そのためには、さまざまな「断捨…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧