「大金がありますよ」家賃滞納老人のゴミ屋敷を覗いたら…

大阪・築60年以上の建物に暮らす杉山二郎さん(83歳)。月5万円の家賃を滞納し続け、その額は200万円にまで膨れ上がっていた。耐えかねた家主が強制執行の催告をしたものの、ドアを開けば「帰れ!」の一点張り。連帯保証人である二郎さんの兄は「勘弁してくれ」と取りつく島もない。八方塞りの状態が続く中、役所の担当者から一本の連絡が届いた。※章(あや)司法書士事務所代表・太田垣章子氏の書籍『老後に住める家がない!』(ポプラ社)より一部を抜粋し、高齢者の賃貸トラブルの実態に迫っていく。

「何すんねん」強制執行当日、必死の抵抗も虚しく…

季節は廻り、物件近くの大通りは、街路樹の銀杏が黄色く色づいてきました。気が付けば、催告の日から半年以上が過ぎていたのです。関係者に諦めの空気が流れだした頃、奇跡的に目の見えない人専門の施設が見つかりました。

 

でも身元保証人が……。

 

【宝町+オンライン】税務に関して無料個別相談 >>詳しくはコチラ

 

「いなくても、受け入れてくれるそうです」

 

役所の担当者の人の声に、私たちも心が躍ります。すぐさま執行官に連絡をして、中断していた執行手続きを再開してもらうことになりました。

 

本来であれば、身体検査を事前に受けなければなりません。今回は緊急性があるということで、それすら入所後落ち着いてから施設でするとのことでした。もう何も阻むものはありません。やっと二郎さんの終の棲家が見つかった、安堵感が関係者に広がります。

 

断行の日、二郎さんの体調を考慮して救急車もスタンバイです。建物の外には執行官、荷物を運び出す業者の人たち、役所の関係者、施設の担当者、そして私たち、家主さん、皆が固唾を呑んで見守ります。

 

引き戸は二郎さんを連れ出すために、最初に外そうということになりました。執行官が先頭に立って、廊下を歩きます。そのすぐ後ろに鍵屋さん、そして引き戸を外すためのドライバーを持った業者さんが続きます。建物中に緊張が走りました。

 

「二郎さん、ドア開けるよ」

 

【宝町+オンライン】税務に関して無料個別相談 >>詳しくはコチラ

 

執行官が声をかけたと同時に、鍵屋さんが鍵を開け、業者さんが一瞬で引き戸を外します。室内からゴミが廊下になだれ込んできました。

 

「二郎さん、家賃払ってないからね、強制執行でこの部屋には住めなくなったからね」

 

執行官の補助をする大柄な男性二人が、二郎さんを両脇から抱えます。

 

「何すんねん。なんでドアがないんや」

 

痩せた二郎さんは、ひょいと簡単に汚い部屋から連れ出されます。

 

「家賃払ってないから仕方ないんやで。でもちゃんとした施設やから、安心してや」

 

執行官が声をかけます。二郎さんは、抵抗するかのように最後まで足をバタバタさせていました。建物から出てきた二郎さんに、役所の方と施設の方が駆け寄ります。

 

「今から一緒に行きましょうね」

 

観念したのか少し落ち着きを取り戻した二郎さんは、施設の車に乗せられて先に出ます。もう一人での生活も、限界だったのでしょう。今までのことを考えると、嘘のようなおとなしさでした。

 

次ページ:トラックが山積みになるほどのゴミから大金が出てきた

 

 

章(あや)司法書士事務所代表
司法書士 

章(あや)司法書士事務所代表。司法書士。

神戸海星女子学院卒業後、プロ野球のオリックス・ブルーウェーブ球団で広報として3年半勤務したのち、平成13年司法書士試験に合格。
平成14年から家主側の訴訟代理人として、延べ2300件以上の悪質賃借人追い出しの訴訟手続きを受託してきた、賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して悪質賃借人と向き合ってきた。その徹底した現場主義から、多くの大家さんの信頼を得る。

また、「全国賃貸住宅新聞」には12年間連載をし、現在は健美家をはじめ、月3本の連載を抱える。他にも三井不動産をはじめ、各ハウスメーカーが発行する大家さん向け会報誌に、相続問題や賃貸トラブルの解決・予防に関する記事を年間20本以上寄稿。

さらに、年間60回以上、計600回以上にわたって、5万人以上の大家さんおよび不動産管理会社の方向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行なう。現場を知り尽くす司法書士ならではの臨場感のある事例と実践的なノウハウを公開する講演は、受講者の心をつかみ、常に満席、立ち見が出るほどの人気がある。

【章(あや)司法書士事務所】http://www.ohtagaki.jp/
【あやちゃん先生のひとり言】https://ameblo.jp/ohtagaki/

著者紹介

連載老後に住める家がない!明日は我が身の「漂流老人」問題

老後に住める家がない!

老後に住める家がない!

太田垣 章子

ポプラ社

今すぐ、「住活」を始めなさい!「住活」とは、自分のライフプランに合った「終の棲家」を得ることです。60代以降の自分の収入を確認して、最期まで払っていける家賃に合う住居を決めるのです。そのためには、さまざまな「断捨…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧