「お金は払います。それ以外は勘弁してください」滞納の壮絶

大阪・築60年以上の建物に暮らす杉山二郎さん(83歳)。月5万円の家賃を滞納し、その額は200万円に膨れ上がっていた。生涯独身、定年まで勤め上げ、「お金はあるはず」の杉山さんは、なぜ家賃の支払いを拒み続けたのか。このままだと強制執行は免れない。4畳ほどの小さな部屋を巡り、長い闘いが始まった。※本連載では、章(あや)司法書士事務所代表・太田垣章子氏の書籍『老後に住める家がない!』(ポプラ社)より一部を抜粋し、高齢者の賃貸トラブルの実態に迫っていく。

強制執行の催告…ドアを開くと、強烈な悪臭が漂った

まだ肌寒い3月、強制執行の催告が行われました。

 

二郎さんは室内にいましたが、部屋の引き戸を開けません。執行官がいくら声をかけても、籠城です。古い建具なので、ガタガタしていたらドアごと外れそうな勢いでした。

 

【宝町+オンライン】税務に関して無料個別相談 >>詳しくはコチラ

 

「開けるよ」

 

執行官が声をかけると、二郎さんは中から何やら大声を出しています。同時に鍵屋さんが簡単にドアを開けました。家主さんにすれば、何年かぶりに会う二郎さん。執行官や私にとっては、姿を見るのは初めてです。

二郎さんは痩せ細り、銭湯にも行っていないからか、髪の毛は長く絡まったまま。洋服もいつ着替えたのかすら、分からないほど汚れています。ドアが開いた瞬間からツンと鼻をつく悪臭が漂い、とてもじゃないけれど耐えられません。思わず口で息をしました。

 

部屋の隅には、使用済みの下着が積まれたままでした。悪臭の源はこれなのでしょう。二郎さんは障害者手帳も持っていながら、必要なサポートを受けていないのでしょうか。

 

家賃を滞納していることは悪いし、高齢者だから許されるという訳ではありません。年齢的には執行不能かもしれませんが、二郎さんの姿を見れば、この部屋で住み続けることはもう不可能としか思えません。想像以上に劣悪な環境です。これでは、一人で近くの銭湯にも行けるはずがありません。

 

窓のない4畳ほどの空間で1日の大半を過ごしているのでしょう。あまりに非衛生的でもあります。部屋に脱ぎっぱなしになっていた下着からしても、廊下を挟んだ対面にあるトイレにも行けていないようです。明らかに介護が必要な状況なのに、それが得られていません。ご飯もどうしているのでしょう。

 

執行官も同じことを感じたようです。

 

「体調はどうなの? 大丈夫なの?」

 

二郎さんは必死にドアを閉めようとします。

 

「このままだと執行で荷物全部出しちゃうことになるよ。そうなったら大変でしょう? ちゃんとここにいる司法書士さんとか、周りの人と相談してね。分かった?」

 

執行官は、あとはよろしくと逃げ腰です。

 

「二郎さん、目の見えない人たちの施設もありますから。そこを探していきましょう」

 

私が声をかけても、返事はただ「帰れ!」の一点張り。

 

「今日は帰るけど、これからのこと一緒に考えていきましょうね」

 

そう声をかけても返事もなく、ドアがぴしゃっと閉められてしまいました。

 

ドアを開けたら強烈な悪臭が漂ってきた
ドアを開けたら強烈な悪臭が漂ってきた

 

次ページ:「お袋を悲しませるな」の一言で絶縁状態になった兄弟

章(あや)司法書士事務所代表
司法書士 

章(あや)司法書士事務所代表。司法書士。

神戸海星女子学院卒業後、プロ野球のオリックス・ブルーウェーブ球団で広報として3年半勤務したのち、平成13年司法書士試験に合格。
平成14年から家主側の訴訟代理人として、延べ2300件以上の悪質賃借人追い出しの訴訟手続きを受託してきた、賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して悪質賃借人と向き合ってきた。その徹底した現場主義から、多くの大家さんの信頼を得る。

また、「全国賃貸住宅新聞」には12年間連載をし、現在は健美家をはじめ、月3本の連載を抱える。他にも三井不動産をはじめ、各ハウスメーカーが発行する大家さん向け会報誌に、相続問題や賃貸トラブルの解決・予防に関する記事を年間20本以上寄稿。

さらに、年間60回以上、計600回以上にわたって、5万人以上の大家さんおよび不動産管理会社の方向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行なう。現場を知り尽くす司法書士ならではの臨場感のある事例と実践的なノウハウを公開する講演は、受講者の心をつかみ、常に満席、立ち見が出るほどの人気がある。

【章(あや)司法書士事務所】http://www.ohtagaki.jp/
【あやちゃん先生のひとり言】https://ameblo.jp/ohtagaki/

著者紹介

連載老後に住める家がない!明日は我が身の「漂流老人」問題

老後に住める家がない!

老後に住める家がない!

太田垣 章子

ポプラ社

今すぐ、「住活」を始めなさい!「住活」とは、自分のライフプランに合った「終の棲家」を得ることです。60代以降の自分の収入を確認して、最期まで払っていける家賃に合う住居を決めるのです。そのためには、さまざまな「断捨…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧