令和の民泊女王が教える「旅館ホテル開業」の戦略

全国民泊同業組合連合会 理事・大神麗子氏の著書、『民泊2.0~事業と投資のハザマだからオイシイ』(みらいパブリッシング)から一部を抜粋し、民泊運営のポイントについて見ていきます。

これまで「ホテル」と「旅館」は別々だったが…

ホテルオーナーと聞くと、なんかすごそうなイメージが湧きますよね。大富豪的な…。

 

宿泊施設がホテルなのか、旅館なのか、簡易宿所なのか、民泊なのか。前述の通りそれらは法律上の要件に沿って申請した上での、許認可の種別で決められます。しかし、70年の歴史を経て培ってきた法律が、なんと2018年6月に改正されました今まで四つに分けられていたカテゴリは次の三つに変更されました

 

改正後

・旅館ホテル

・簡易宿所

・下宿

 

今までは、「ホテル」と「旅館」は別々でしたが、改正後にそれらは統合されて「旅館ホテル」として一本化されました。つまり、これからは「ホテルに泊まる」や「旅館に泊まる」という概念がなくなります。正式には、「旅館ホテルに泊まる」ということになるのです

 

そして、ホテル営業最低10室、旅館営業最低5室からであった客室数の要件が撤廃されました。つまり、これからは1室からでもホテルとして開業できることになったのです

 

これはすごいことです…。

 

戸建てでも、3室しかない小さいアパートでも、ホテルとして開業が可能です。さらには、ワンルームマンション(管理規約や条例がOKな場合)でも可能性が見えてきます。加えて、建物構造の「洋室である必要性」、「和室である必要性」といった要件も撤廃されました。「1室あたりの最低床面積」も一律化されました。

 

あなたも、今すぐ、ホテルオーナーになれるのです。サイドビジネスでホテルオーナー。ちょっとカッコよくないですか?

 

時流に乗っていて国が後押ししてくれるビジネスは、いい方向へ向かうものです。どんどんやりやすい方向に進んでいきます。国も、あなたが宿泊施設のオーナーになって、たくさんのお客様を笑顔にすることを望んでいるのです。

 

こちらはまだ始まったばかりの法律運用で、取り組めている人は全国的にはほとんどいない最新の手法となりますので、本記事を見て下さったあなたに、情報としてご提供しますね。

 

大神麗子氏
大神麗子氏

「法律」を活用すれば利回りが上がる⁉

なお、今回の法律改正により、昨年の拙書でおすすめした「簡易宿所」の開業手法よりも、「旅館ホテル」の方がメリットが大きい戦略だと、塗り替えさせて頂きます。

 

前回お伝えした通り、「簡易宿所」の場合は最低客室数が「1室」から開業可能で、戸建てなども含まれるために一般の方にも取り組みやすく、再現性が高いために大変おすすめの手法でした(関連記事「「ホテルと旅館」明確な違いは? 民泊開業でキーとなる法律3つ」参照)。しかし、2018年6月以降、今後は、1室からでも「簡易宿所」ではなく、「ホテル」として開業できるようになりました。

 

簡易宿所の場合は、相部屋(同じ部屋を多様人が利用する)であることを前提とした施設であり、トイレや手洗いの数など、人数ごとに設備がたくさん必要です。たった3人しか収容できない部屋にも、ニつ以上のトイレや手洗いの設置が必要であると決まっています。

 

ホテルの場合は1グループに部屋を丸々貸すわけで、相部屋である必要がないため、1室につきトイレや手洗いが一つで大丈夫なので、それらを増設するための工事費が節約できるというコスト上のメリットもあります。

 

さらに大きなメリットは、そもそも、今まで、現実的には狭い物件は簡易宿所にすることができませんでした。狭い部屋の中に、たくさんのトイレや脱衣所などの諸々のスペースを作らなければいけないとなれば、それだけで物件の面積を食い切るからです

 

物件の延べ床面積のうちほとんどがトイレや脱衣所で、泊まるスペースよりそれらの面積が大きく、寝るための場所はほとんどない…となれば、普通に考えて宿泊施設として営業するのが難しいです。そのため、戸建てでもオフィスビルのフロアでも、広い物件でしか成し得ませんでした。

 

もちろん、収益化できるのはトイレではなく泊まるためのスペースなわけです。ホテルであれば相部屋の要件がないので、小さな物件でも開業しやすくなったことは大きなメリットです。

 

イニシャルの工事費などが下がり、さらに収益化できる部分の面積が広くとれるつまりは利回りが上がる。利回りを上げるためには、小手先のテクニックに目を眩ませるのではなく、全ての根底にある「法律」を制することが重要です

楽待コラムニスト
全国民泊同業組合連合会理事 

宿泊業と不動産投資を掛け合わせた形でビジネスを行い、5年目に至る。学生の頃に自習用のレンタルデスクを借りたことがきっかけで、空間貸しビジネスの可能性に目覚める。就職活動において10社以上の東証一部上場企業から内定を得た後、総合職の営業として勤務し、2014年に独立。楽待コラムニストとして投資の執筆、不動産投資家やサラリーマンに向けた民泊投資アカデミーを主催、民泊の意見表明に関して国に認められた唯一の折衝機関である全国民泊同業組合連合会の理事を務める。SNS上では、多数のフォロワーに向けて自身の投資手法や考え方を公開し、反響を得ている。民泊ビジネスの第一人者として、多数の取材やセミナー講演依頼を受け、その可能性を提唱している。著書に『買わない不動産投資 ドル箱 宿泊所』(みらいパブリッシング)。

著者紹介

連載物件、業者選び、運営管理、収益…ゼロから始める超実践的「民泊」入門

民泊2.0 事業と投資のハザマだからオイシイ

民泊2.0 事業と投資のハザマだからオイシイ

大神 麗子

みらいパブリッシング

「人生をもっと豊かに、充実した毎日を送りたい」 そう感じている人は多いはず。 「民泊」は、自分らしく楽しみながらできる仕事としても、 ゼロから始める人や副業でやる人にもぴったりのビジネスです。 さらに今、訪日…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧