他人事ではない!スイスの銀行が「預金にマイナス金利」の衝撃

スイスの大型金融UBSが、200万スイスフラン以上の預金口座を対象に、11月より「マイナス金利」を課す方針であることを明らかにした。クレディ・スイスも続く可能性があるという。中央銀行によるマイナス金利政策が続いたことが要因とされるが、これは日本も同じ状況であり、決して他人事ではない。

日本円とスイスフランの共通点

円とスイスフランは市場がリスク高のときに買われる二大通貨であり、金利が低くなりがちである。

 

ロイターの報道によると、UBSは200万スイスフラン以上の預金口座を「マイナス金利」にすることに対し、次のように続けた。

 

「UBSは幅広い投資商品を持っているので、顧客には別の解決策を提案できる。スイスフランで高額を持ち続けたい顧客には、UBSグループまたは他の金融機関への魅力的なフィデューシャリー預金を提案する」

 

つまり、預金を「他の投資商品に移行させたい」という考えであるわけだ。

 

同じく政策金利では「マイナス金利」が続く日本も、似たような状況である。現状、日本において、銀行預金の金利は限りなくゼロに近いが、それでも預金残高の合計は1000兆円を超える。つい先日話題となった金融庁作の「2000万円レポート」などが出てくる背景には、結局この莫大な預金をどうするか?が、そもそも日本の課題となっていることが大きい。

 

スイスUBSを皮切りに「預金に対してマイナス金利をかける」ということがタブーでなくなってくると、日本にも「その方法を使っていいなら……」と続きたい銀行は多いはずだ。融資で稼げなくなり、投資信託などを推していくしかない金融機関の思惑とも合致しており、突然ということは考えにくいが、いずれ日本の預金がマイナス金利になったとしても決して不思議ではない。

銀行預金が「マイナス金利」になったらどうするか?

もし、日本でも銀行預金が「マイナス金利」になったら、どうすればいいのか? 残念ながら、そのときには、他の資産に振り替えていかねばならない。

 

銀行預金も「元本割れ」するリスクのある投資商品の一つとして捉えて、自分の資産のポートフォリオをしっかりと見直すきっかけにはなるだろうが、そのときに初めて「投資」について学ぼうとしても、それは遅すぎる。

 

金融機関に勧められるがまま、手数料の高い、不利な投資信託などで資産を目減りさせながら、学んでいくしかなくなる。「手痛い勉強料だった」と思えるならばまだいいが、それとは気づかせないように、長期的に少しずつ資産を奪っていくような金融商品もあるのだ。

 

ただでさえ初心者なのに、マイナス金利の実施が決まり「急いでなんとかしよう」と焦っている心理状況で、冷静な判断ができるとはとても思えない。そのときになって慌てないためにも、いまのうちから知識だけでもしっかりと身につけておこう。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン注目記事解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧