安易な設備投資が「致命傷」に…厳しさを増す医院の経営環境

今回は、地方・都市部の病院それぞれに存在する経営破綻リスクについて考察します。※医師を取り巻くキャリア環境が激変しています。医局に頼ってきた従来とは異なり、自らキャリアを形成し、開業医を目指す医師が増えているのです。しかし、安易な開業が取り返しのつかない失敗を招く場合もあります。本連載では、開業医を志す医師に向け、開業を成功に導くポイントと、開業を磐石なものにする資産形成の方法を解説します。

人材不足、医療機器の高額化、報酬引き下げ…

少子高齢化によって新たな患者が確保しにくい状況にある中で、医院経営は地方を中心に厳しさを増しているといいます。

 

しかし、都市部にあっても設備投資の失敗で倒産に至ってしまう医院は少なくありません。設備投資で事業を拡大、発展させていくためには、きちんとした利益計画を策定することが大切です。

 

帝国データバンクが調査した医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査によると2017年の医療法人、病院の倒産件数は25件となりました。前年は34件あったので9件も減少しています。この原因として考えられるのが、クリニックの数は増加して競争が激化する一方で、病床を多く持つ病院が減少しているということが挙げられます。

 

また、倒産に至る病院は地方で多い傾向にありますが、都市部であっても働き手である医師や看護師の不足問題、医療機器の高額化、将来の医療報酬、介護報酬の引き下げなどで、経営環境は厳しさを増しているのが現状です。

経営判断を迫られる設備投資、利益計画の策定が重要に

事業拡大には大きな設備投資を行うことが不可欠ですが、設備投資に失敗する病院も増えています。

 

経営破たんしたある地方の病院では、ベッド数は185床、救急、内科、外科、脳神経外科など多数の外来診療部門を有し、人間ドック、健康診断などのサービスも提供して収入を向上させていました。

 

しかし、見通しの立たない拡大をすることで、経営が立ち行かなくなってしまったのです。その病院は、健診サービスの拡大を目的に人間ドック、脳ドックのための最新設備を導入した医療施設を開設。投資資金を総額7億円にも上る借り入れで賄いました。

 

しかし、借り入れで投資資金を調達した結果、金利負担が増えただけでなく、高額な家賃、医療機器のリース代など固定費が大きく膨らみ、開業初年度から大幅な赤字を出してしまいました。既存の医療施設の利益を食いつぶして収益は圧迫され、さらに傘下に収めた医療法人の経営に失敗して、倒産の憂き目に遭ってしまいました。

 

また、想定外の人手不足で資金繰りが悪化する事例もあります。ある地方都市の医療施設は、人工透析の権威の理事長を抱え、地元で収入を着実に増やしていました。ところが最先端の人工透析治療や無痛分娩を実践できる医療センターの創設を画策。金融機関からの6億円の借り入れで、医療施設をつくったものの、人手不足から担当の医師が見つかりませんでした。開院を延期したところ、資金繰りが急激に悪化して、経営破たんに陥ってしまったのです。

 

この二つの破たん事例を見ていると、そもそも新しく始める事業に、きちんとした利益計画があったのかどうかが疑われるところです。最新の医療機器を導入することはいいとしても、果たしてそれに見合う健診需要があるのかどうかを調べてみる必要はあったでしょう。

 

もちろん、最新の医療機器を導入して健診や検診のサービスを提供するとなれば、周辺だけではなく、地域全体での競合分析も必要になります。

 

収益が軌道に乗るまでの余剰資金も確保することが大切です。昨今では医療関係者の人材不足が常態化しており、倒産した病院のように人手不足で開業ができないケースも少なくありません。このような時に借り入れで投資資金を全額調達すると自転車操業のような状態になってしまいます。

 

一つでもボタンをかけ間違えば即破たん、といったような計画では、実行しない方がましです。これは多くの病床を有する病院だけに限らず、クリニックでも言えることです。

 

このように大きな経営判断を迫られる設備投資では、きちんとした利益計画の策定がどうしても必要になるのです。

 

 

藤城 健作

ウェルス・コンサルティング株式会社 代表取締役社長

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

ウェルス・コンサルティング株式会社 代表取締役社長

千葉県出身。不動産デベロッパー、経営コンサルティングファームを経て、2009年4月ウェルス・コンサルティング株式会社を設立し、代表取締役に就任。
相続・事業承継問題を円滑に解決するための「日本相続研究所」、医師監修の医療メディア「DocReco」、クリニック経営を教える「開業会議」など、主に医師に向けた多様なサービスを展開する。
会計士や行政書士などの専門職をチームとしてまとめ上げるプロデュース力が高く評価され、多くの勤務医や開業医などを顧客に持っている。

著者紹介

連載勤務医の「キャリア&資産形成」戦略

勤務医の「キャリア&資産形成」戦略

勤務医の「キャリア&資産形成」戦略

藤城 健作

幻冬舎メディアコンサルティング

医局の影響力が弱まった、新研修医制度の施行ーー以降、医師のキャリアを取り巻く環境が激変しています。本書では、勤務医が今後のキャリアを考えるために役立つ情報を提供するとともに、著者の豊富なコンサルティング事例から…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧