自宅の空きスペースを「駐車場」として貸し出す副業②

今回は、自宅の空きスペースを、車を一時的に置きたい人に貸し出す会員制サービス「アキッパ」の具体的な内容を見ていきます。※本連載では『新しい副業の教科書』(インプレス)から一部を抜粋し、有限会社ガーデンシティ・プランニング代表取締役・藤木 俊明氏が従来の副業とは違う「新しい副業」を紹介します。

通勤難民が、駅近のアキッパ駐車場のヘビーユーザーに

アキッパのオーナーになり、駐車場で収入を得るには、本当は人気の施設やスタジアムの近くにあるといいらしいと聞きました。でも、始めてみて、わたしのような「駅近」の場所にも「通勤難民の需要」というニーズがあるとわかったのです。

 

駅から離れた住宅地から来る人はバスが満杯、道路も混雑していて通勤が大変。自転車でも、この辺は坂や丘が多いのでつらいし、雨なんか降ってきたら嫌になるでしょう。通勤に苦労しているそんなみなさんが、駅に近いうちのアキッパ駐車場のヘビーユーザーになってくれています。今日、バイクを止めてらっしゃる方は30日以上前に5日間まとめて予約してくれています。

 

また、この辺りに工事に来る業者の方や、買い物客の利用も多い。コインパーキングだと車を出したり入れたりするたびに料金精算が必要ですし、出したら他の車が止めてしまうかもしれない。うちの場合1日単位の料金なので、車を止めておき、途中で買い物に行かれて、また戻ってくるという使い方をされているようです。

 

今後の展開としては、「駅近の通勤需要」がわかったので、近所の家に説明して、アキッパへの登録や管理を代行してあげたらどうかな、なんて考えています。

ほったらかしで手がかからないのが魅力

人気の大型施設やイベント会場、観光地などへ車で行ったとき、駐車場不足で止められなかったり、高い駐車料金に驚いたりした経験がある人は少なくないでしょう。アキッパは、「空いている駐車場・使わない駐車場」をシェアするサービスとして、駐車場を探す人と貸してもいい人(オーナー)をマッチングさせるサービスです。

 

人気施設の近くでなくても、取材した鎌田さんのように、住宅地でも高い稼働率を上げることもできます。

 

 

空いている駐車場を持っている人はすぐに登録でき、自分で使いたいときはすぐサービスを止めるとか、1カ月のうち、この日とこの日、何時から何時まで貸し出すなど、設定が自由にできるので便利です。

 

アキッパに会員登録し、駐車場の写真をアップするだけで基本的な手続きは完了しますが、登録の前に、ウェブサイトで駐車場月額収入のシミュレーターを使って予想収入を計算することもできます。

 

場所さえあればできる、ほったらかしの副業としてアキッパを検討してみましょう。

 

 

 

有限会社 ガーデンシティ・プランニング 代表取締役

石川県金沢市生まれ、埼玉県草加市在住。

早稲田大学教育学部卒。リクルート、ぴあを経てビジネスコンテンツ制作の有限会社ガーデンシティ・プランニングを創業。また、明治大学リバティアカデミー講師・副業評論家・関東経産局登録マネジメントメンターとしても活動。

7年前から「ローリスク独立」や「シニア起業」に関する執筆活動をはじめ、夕刊フジ、東洋経済等に寄稿。副業解禁時代を迎え、「収入の多角化」こそ本当の働き方改革だと考えている。

著者紹介

連載新しい副業の教科書~自宅の空き場所活用、シェアサービスの実践…etc

新しい副業の教科書 スキマ時間で月5万の副収入!

新しい副業の教科書 スキマ時間で月5万の副収入!

秋葉原副業総合研究会

インプレス

「働き方改革」という言葉がニュースなどで飛び交う中、自分が働いている会社の仕事=本業を大切にしながらも、それだけに頼らない生き方を目指して「新しい副業」を行う人が増えています。本誌で取り上げる「新しい副業」は、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧