国も利用者も求めている「在宅医療・在宅介護」の流れ

前回は、介護職員と利用者の「信頼関係」を深める方法を取り上げました。今回は、国も利用者も求めている「在宅医療・在宅介護」の流れについて見ていきます。

介護職員にも必要な「疾患・リハビリ・看取り」の知識

利用者は、身体の不調や疾患、不自由さをそれぞれ抱えています。疾患や身体機能についての専門的な知識を持ち、一人ひとりに合った介護を実現させることが求められます。

 

利用者の中には、認知症や脳・心臓疾患による片麻痺などを持っている人もいます。また、糖尿病などの持病がある人もいます。介護施設で働く介護職員は薬の知識や、緊急時の対応方法などの知識を持つことが必要です。

 

また介護老人保健施設や通所リハビリなどでは利用者のQOL(生活の質)を維持するため、リハビリを積極的に行います。そうした施設には、リハビリ担当の理学療法士や作業療法士などが配置されるため、介護職員もリハビリについての知識や、利用者のモチベーションの保ち方、さらには理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などとの連携が求められます。また、通所介護(デイサービス)などでも介護職員がアクティビティの一環として、簡単なリハビリを取り入れる場合もあります。

 

同様に重篤な病に苦しむ利用者への緩和ケア、終末期を迎えた利用者への接し方や施設での看取りなどの知識も必要になります。

 

介護の現場でも、利用者やその家族から看取りを求められることが増え、看取りを行うことで加算がつくこともあるなど、介護業界全体で看取りは大きな課題となりつつあります。しかし、現状では、職員の経験・知識不足などにより看取り対応ができる施設とできない施設があります。どのような状況にも柔軟に対応できるよう、知識を蓄え準備をしておくことが大切です。

国は「在宅介護への移行」を目指している

施設での介護だけでなく、最近増加しているのが、在宅介護です。

 

厚生労働省は、今後ますます進むことが必至の少子高齢化対策のひとつとして、「地域包括ケアシステム」を推進しています。これは各市区町村が中心となり、高齢者が住み慣れた地域で「住まい」「医療」「介護」「生活支援・介護予防」を受けられるよう包括的に支援するというしくみです。今後急激に高齢者が増加するため、施設での介護を希望しても、それがかなわないという人が増えると予想されています。そのため、国は「介護施設での介護」から「在宅での介護」へと介護のありかたを移行しようとしているのです。

 

団塊の世代が高齢者となる2025年までに、この地域包括ケアシステムを実現するため、各市区町村が動きはじめていますが、介護サービスを受ける利用者からも「いまは施設で過ごすが、最後は自宅に戻りたい」「施設には入らずに自宅でできるサービスを利用し、最後まで自宅で過ごしたい」というように、自宅でサービスを受けたいという声が高まっています。こうした流れを受けて、施設で働く介護職員にとっても、在宅医療・在宅介護との連携は無視できないものになっています。

 

社会福祉法人洗心福祉会 理事長
学校法人洗心學舎 理事長 

1948年、三重県生まれ。
1972年三重大学生物資源学部を卒業後、津市役所を経て1993年4月豊野福祉会(現・洗心福祉会)理事に就任。1996年11月に洗心福祉会常務理事、1998年洗心福祉会常務理事・評議員、2004年11月洗心福祉会理事長に就任。2014年洗心學舎理事長に就任し、現在に至る。
三重県・滋賀県で約40の福祉・医療施設を運営し、保育・介護・障がい・医療と幅広い事業を通して地域福祉の発展に貢献。安心と健康をモットーに、地域福祉の拠点となるため尽力している。

著者紹介

連載「利用者満足度100%」を目指す! 介護施設運営の基礎知識

本連載は、2017年8月26日刊行の書籍『利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル』から抜粋したものです。

利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル

利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル

山田 俊郎

幻冬舎メディアコンサルティング

あなたの介護、効率化ばかりを追求していませんか? 利用者、介護職員がともにストレスをためず、笑顔になる介護とは 職員の取り組み事例をたくさん盛り込んだ、介護職員必携の1冊!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ