▲トップへ戻る
銀行から信用される「不動産投資家」になるには?

前回は、不動産ポータルに載せる写真を「一眼レフ」でとるべき理由を説明しました。今回は、銀行から信用される「不動産投資家」になる方法を紹介します。

明確な目標を持ったほうが「銀行の受け」がいい!?

金融機関、とくに銀行とのつき合い方にはコツがある。先に「大家さんになるには目標をたてろ」と書いたが、銀行から融資を引き出すには具体的な目標が必要だ。年収を1000万円にするでもいいし、30室の1棟マンションの大家さんになるでもいい。どこまで自分のマンション・アパートを買い進めるかを決めておくことが大切だ。私の経験からいくと目標がはっきりしている方が銀行の受けはいいようだ。

 

私の場合は大きな声ではいえないが、毎年ベンツの最高クラスを1台買えるぐらいの収入をめざして大家さんをはじめた。年収にすると2000万円ほどか。これが私の最終目標だった。

 

年に2000万円のキャッシュが手元にのこるためには、税金を払う前のもうけが4000万円は必要だ。これだけの利益が出るようにするには、月に2000万円ぐらいの家賃が入ってこないと無理だ。そこから逆算すると銀行から20億円ぐらい借りないといけない。こういう理屈で、私はこの20年間で毎年1億ずつ銀行からおカネをかり、20棟ほどのマンション・アパートを建ててきた。

同じ相手と長く付き合い、一定のペースで借りていく

この1億ずつ20年かけて借りるというところが重要なポイントだ。これは1000万円ずつ10年と置き換えてもいいし、500万円ずつとしてもいい。とにかくここでも「ウサギとカメ」で、同じ不動産会社を通じて銀行と長期間にわたってつき合い、一定のペースで借りていくことが重要なのだ。

 

これは銀行から信用してもらうという意味でも重要だが、そのほかにも2つの意味で重要だ。

 

まずひとつは、ほかの部分でも繰り返し書いたように、じっくりと物件を選ぶこと。仮に銀行が私にいっきに20億円貸してくれたとしても、いちどにそれに見合うだけの優良物件をさがすのは難しい。よく、よほどの大金が手に入ったのか、不動産会社の営業マンに「何でもいいから、物件もってきて」と無茶なオーダーをしている人がいる。だが、そんなふうに声をかければ、集まってくるのは、問題をかかえたクズ物件ばかりだ。

 

もうひとつは、不動産取得税など翌年に一度に収めなくてはならない税金の問題だ。仮に20億円のマンション・アパートを一度に買ったら翌年収める不動産取得税は5000万円になる。すべての物件がうまく収益をあげられるとは限らないから、資金がショートし、翌年破綻することも十分考えられる。

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧