▲トップへ戻る
不動産ポータルに載せる写真・・・なぜ「一眼レフ」なのか?

前回は、ネットに掲載した物件の強みを「内覧者」に訴求するポイントを紹介しました。今回は、不動産ポータルに載せる写真は、絶対「一眼レフ」でとるべき理由を説明します。

一眼レフで撮影すると、部屋が広々と写る!

USBコンセントやコートフックなど、他の物件と差別化するために取り付けた器具など、アピールポイントは、なるべく写真をつけてひと目でわかるようにしたい。文字で書くよりもネット上ではビジュアル情報のほうが何倍もアピール度が高いのだ。

 

その際に注意したいのは、写真の撮り方だ。いまではデジタルカメラが普及し、スマートフォンにもカメラ機能がついているので、気軽に写真がとれる。そこで物件資料につかう写真も「写メ」感覚でとる人もいるようだ。

 

気軽にとって、どんどん更新するのもいいが、大家さん業をはじめるならレンズの交換できる本格的なデジタル1眼レフカメラを購入したい。理由は超広角レンズがつかえるからだ。写真のように超広角レンズをつかうと部屋が広々と写る。1DKや1LDKなど狭めの物件では「何か、このへや広い」と思ってもらえば成功だ。水平画角が90度以上あれば、どんな狭い部屋でも部屋全体が写るが、それより狭いと部屋全体が写らないのだ。

 

水平画角が90度というと35ミリ判換算で焦点距離18ミリ以下の超広角レンズでないとダメ。これはコンデジやスマホにはない画角なのだ。

 

また外観写真には晴れた昼間のほか、夜景も入れておきたい。内覧は昼間にいくことが多いので、周辺環境を含めて夜と違いが大きい。とくに夜間のセキュリティに配慮したマンションをアピールするには、夜景を入れるのは効果的だ。

 

[図表]

ネット集客の他にも「まだまだある」集客の手段

大手不動産情報ポータルサイトと並んで集客の上で重要なのは、提携会社以外の不動産会社の営業担当者だ。彼らはいわば口コミで入居希望者を集めてくれるわけで、インターネット全盛の現在でも、いざというときに彼らがはたしてくれる役割は大きい。

 

そんな彼らに協力してもらうには、大手不動産情報ポータルサイトに提供している物件資料には載せなかった「プラス1」の情報を、デイリーメールやSNSを利用して提供。それをどんどん拡散してもらうことだ。

 

こうすればレインズ(指定流通機構)を含め大きく3つのインターネット上のチャンネルをつかって情報が拡散できる。

 

ターゲットをどこにおくかで、ネットだけでは集客が難しい場合もある。そんなときにはネットと並行して、別のチャンネルを意識した募集活動も提携不動産会社に依頼したい。

 

たとえば単身者だけでは十分でないので学生にもターゲットを広げたいといった場合は最寄りの大学の福利厚生を担当している部署にお願いするという手がある。また社宅などとして法人に一括借り上げしてほしいような場合は、周辺企業のオフィスにポスティングしたりDMを送ったりしてみよう。また社宅が必要な企業と法人に貸したい大家さんとの間をとりもつ「社宅代行提携」という業務を行う会社もあるので、そこに頼んでみるのもいい。

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧