▲トップへ戻る
内覧者が「契約したくなる」部屋作りのポイント

前回は、住居選びの「必須条件」を満たした物件づくりの重要性を説明しました。今回は、内覧者が「契約したくなる」部屋作りのポイントを紹介します。

「百均の小物」で成約率が上がるケースも

ここからは大手不動産情報ポータルサイトを通じて私がやってきた入居希望者を成約に結びつけるちょっとした工夫を紹介してみよう。大家さん業というと、つい「何もしなくても家賃が入ってくるラクな仕事」と思いがちだが、とんでもない。こんな細かなところにも気を配る必要がある。私には、そこがおもしろいのだ。

 

たとえば、こんな小物を各部屋にあらかじめ設置しておくだけで、内覧のために訪れた入居希望者の背中をひと押ししてくれる。

 

USBコンセント:スマートフォンやタブレット端末だけでなく世の中にはUSB端子を使って充電する機器があふれている。ひとり暮らしでも電源コンセントは専用の充電アダプターで埋まりがちだ。だから普通の電源コンセントをUSB充電用のコンセントを備えたものに換えておくと、それだけで好印象になる。

 

 

吊り戸棚:洗面台の上とか脱衣室の上など、空き空間に小さな吊り戸棚をつけるのも効果的。スペースの少ない単身者向けマンションでは、ちょっとした空間を収納スペースにするだけで入居希望者にアピールできる。

 

また百円均一ショップで売られているような小さなフックを、あらかじめ玄関の壁に直付けしておく。するとなんでもないフックがコート掛けや、帽子掛けに変身する。吊り戸棚もそうだが、入居者があとから壁に取り付けることは、禁止されるケースも多いので、最初から付けておけば、やはり好印象。とくに小物フックなどの場合は費用対効果が高い。

浴室回りのカスタマイズは、女性の入居希望者に好印象

女性の入居者を意識するなら浴室はなるべく高機能なものを使いたい。

 

サーモスタット式水栓:シャワー中に台所で洗い物をはじめるとお湯の温度が不安定になることがある。それを防いでくれるのがサーモスタット式水栓。普通の水栓と価格はあまりかわらないので新築なら迷わず採用したいし、リフォームの際も優先度が高い。

 

スライド式ヘッドシャワー:縦のバーに取り付けられたシャワーヘッドが上下に動き、シャワーの高さが自由に調整できるようにしたもの。髪を洗う際に便利だと女性には好評だ。これがあるだけで相当ポイントは高くなる。

 

洗濯物乾燥機能:浴室に洗濯物を乾燥する機能があると、これも好感度アップする。浴室そのものも湿気から守られるのでカビも防げる。

 

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧