▲トップへ戻る
増え続ける需要、減る担い手…介護職員の不足を招く過重労働

前回は、介護施設の運営に大きく影響する「介護職員不足」について取り上げました。今回は、介護職員が不足する根本的な原因を見ていきます。

「ネガティブなイメージ」も人材不足の原因に!?

増える需要に対し、介護人材は不足し続けています。ネガティブなイメージが、介護職を目指す人を遠ざけているのです。

 

介護の仕事は、一般的に「きつい」「大変」だという印象を持たれています。「社会的に意義のある仕事」や「やりがいのある仕事」というポジティブなイメージを持つ人は多いものの、同時に、「体力勝負の“きつい”仕事」「排泄介助など“汚い”仕事」「腰を痛める、集団感染するなど“危険”な仕事」というネガティブなイメージを持つ人も少なくありません。

 

 

実際の現場に目を向けてみると、「職場の人間関係」が大きな問題になっていたりもします。「介護労働実態調査」によると、仕事を辞めた25.4%の人が「職場の人間関係に問題があった」と答えています。

 

介護現場は学校を卒業したばかりの10代から、60代~70代までが活躍する「異文化の融合体」のような場所です。幅広い世代とコミュニケ―ションをとりながら仕事をしていかなければならず、壁にぶち当たってしまうこともあるようです。

 

また、「利用者の立場に立った介護ができると思ったのに、実際はそうではなかった」など「法人の理念のあり方に不満があった」という場合もあります。

人材不足により労働条件が悪化するという「悪循環」

人材不足、職場の人間関係・・・。こうした問題は介護の現場で働く人材にとっても大きな負担となり、さらなる離職を招きます。

 

「介護労働実態調査」(2015年度)によれば、2015年度の介護職員の離職率は16.5%でした。これは、全産業の平均15.0%と比べてそれほど高くはありません。しかし、労働条件等の不満を問われると、50.9%が「人材が足りない」と答えています。

 

近年では、事業所が早期離職防止や職員定着促進のために、給与や福利厚生などの面でさまざまな対策をとっており、働きやすい環境が整えられています。実際、同調査では、65.5%が「今の仕事を続けたい」と回答しています。

 

しかし、根本の問題である人材不足を解消し、職員の負担を軽減させなければ、そうした努力だけでは対処しきれなくなってしまいます。

 

社会福祉法人洗心福祉会 理事長
学校法人洗心學舎 理事長 

1948年、三重県生まれ。
1972年三重大学生物資源学部を卒業後、津市役所を経て1993年4月豊野福祉会(現・洗心福祉会)理事に就任。1996年11月に洗心福祉会常務理事、1998年洗心福祉会常務理事・評議員、2004年11月洗心福祉会理事長に就任。2014年洗心學舎理事長に就任し、現在に至る。
三重県・滋賀県で約40の福祉・医療施設を運営し、保育・介護・障がい・医療と幅広い事業を通して地域福祉の発展に貢献。安心と健康をモットーに、地域福祉の拠点となるため尽力している。

著者紹介

連載「利用者満足度100%」を目指す! 介護施設運営の基礎知識

本連載は、2017年8月26日刊行の書籍『利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル』から抜粋したものです。

 

利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル

利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル

山田 俊郎

幻冬舎メディアコンサルティング

あなたの介護、効率化ばかりを追求していませんか? 利用者、介護職員がともにストレスをためず、笑顔になる介護とは 職員の取り組み事例をたくさん盛り込んだ、介護職員必携の1冊!

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧