営業マンに勧められるまま、2つ目のマンションを買った須藤

エリートサラリーマン・須藤を通して「不動産投資」について学ぶ本連載。今回は、営業マンに勧められるまま、2つ目のマンションを買った須藤を見ていきます。

「なにか裏があるんじゃないですか?」

橘高に紹介された新しいマンション、ブライトサイドテラスのその部屋には、すでに借りて住んでいる人がいるというので、内覧は短時間しかできなかった。

 

住んでいたのは、上場企業に勤めている30代のサラリーマンだった。うちの会社にもいそうなタイプで、オーナーが変わるというので、休日だというのに内覧を許可してくれたのは、いかにも親切だった。

 

考えてみれば、マンションのオーナーが変わるというのは、彼にとってはどうでもいいことなのだ。オーナーが誰であっても、マンションの部屋の価値や家賃が変わるわけではない。

 

内覧を済ませて、喫茶店でお茶をしながら、オレはその疑問を口にした。

 

「橘高さん、あのマンションが良いものであることは分かりました。将来的な収入についても理解できます。しかし、ただ、不動産を買うというだけで、確実に儲かるというのは、どう考えてもおかしいでしょう。なにか裏があるんじゃないですか?」

 

「裏なんてないですよー」

 

橘高は、上司の九門がいないせいか、あるいは休日であるからか、おそらくはその両方のせいで、ちょっとだけカジュアルになっていた。

 

二つ目の物件 ブライトサイドテラスの契約

「みんな、マンションを買ってオーナーさんになれば、家賃収入が得られるってことを知らないんです。あまり宣伝してないですから。だから、須藤さんのように気づいた人だけが、得をするシステムになっているんですよ」

 

「そうかなあ? 例えば、今日会った彼だって、自分が毎月、何万円も家賃を払っていることは知っている。こうやって、オーナー交代があれば、家賃を受け取っている相手の顔も見られる。ちょっと頭を使えば、オーナーが自分とたいして年の違わないサラリーマンだってことも分かるはずです。オーナーになることでそんなにメリットがあるのなら、みんなやっているんじゃないですか?」

 

「うーん、でも、やっぱり、知らないというか、気づかないんですよ。自分にはできないと思い込んでいるっていうか、別世界の話だと考えているんです。それに、あえて言えば、こうやって簡単にマンションを買えるのは、やっぱり、お金を持っている限られた人だけなんですよ。誰にでもできるってわけじゃないです。須藤さんのように、一流企業にお勤めで、しかもご家族がいなくて生活に余裕がある方じゃないと、なかなか買えないですよね」

 

「銀行が貸してくれるんだから、誰にでもできるんじゃないですか?」

 

「銀行は誰にでも貸すわけじゃないですよ。大手企業のサラリーマンで、ちゃんと返済が見込める人にしか貸さないんです。こないだも言ったけど、私なんかじゃだめなんです。残念だけど、お金っていうのは、お金を持っている人のところに集まるんです。ほら、ピケティって人が言っているじゃないですか。資本を持っている人間が、よりお金持ちになるって。お金があれば、人に貸して利子を取ることもできるし、不動産を買って、それを人に貸して、家賃を得ることもできるんです。うらやましいです」

 

「ピケティというか、マルクスの資本主義だよね。資本家が、資本を投資して利益を出す。それなら、分かる」

 

「そう! そうなんです! この手法って、一般的には不動産投資って言われています。不動産を買って、それを使って利益を出しているんですけど、事業というほど頭を使って臨機応変な対応をする必要もなくて、銀行預金とか年金みたいに、ただ買って任せておくだけで一定の利益が上がるから、ほんとにお勧めなんです。今日のマンション、いかがですか? もし須藤さんが買わないのであれば、私、ほかのお客様にお勧めしなきゃいけないんですけど、いい物件なんで、もったいないですよう」

 

橘高は、上目づかいに、にいっと笑った。

 

そんな営業スマイルに騙されるわけではないが、橘高の話には、十分に説得力があるように感じた。

 

そうして、オレは、二つ目の物件ブライトサイドテラスの契約をした。

 

価格は2000万円。例によって、家賃収入と毎月のローンとの返済の差額があるので、オレの給料から、毎月1万円の補填が必要だった。その代わり、30年後、オレの元には2室合わせて、毎月15万円の定期収入が約束された。これが資本の力というものか。

マネー総合研究所 所長

1974年2月兵庫生まれ。北九州市立大卒。財形や投資など、マネーに関する専門家。
大手精密メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃年収を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。
儲からない新築区分マンション投資で失敗したサラリーマンや公務員からの相談に対して、独自のリカバリー理論で数多くの人を救った経験を持つ。

著者紹介

連載〈ノベル〉40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

 

 

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

杉田 卓哉

幻冬舎メディアコンサルティング

大手上場企業に勤めるサラリーマン、須藤。40歳独身。将来への不安から、副収入を求めて「新築区分マンション投資」に手を出すが・・・。可愛い声の女性担当者がテレアポでおびき寄せ、イカつい営業マンが強引にクロージング!…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧