不動産で収入を安定させる…エリートサラリーマン・須藤の決断

エリートサラリーマン・須藤を通して「不動産投資」について学ぶ本連載。今回は、エリートサラリーマン・須藤が下した決断を見ていきます。

「なんで、そんなことに金を使っちまうんだ」

「なんだって?」

 

「マンションを買ったんだ。2室。もちろん、自分が住むためじゃない。将来への備えのためだ。29年後には、毎月の収入になる。ローンで買って、家賃収入でローンの支払いをしている。それだけじゃ足りないので、毎月3万円を払っている。たいした金額じゃないが、会社からの給料をそれに充てている。給料がなくなったら困る」

 

味沢は呆れた顔になった。

 

「なんで、そんなことに金を使っちまうんだ」

 

「使っちゃいない。自分の金はそんなに減らない仕組みだ」

 

「そうなのか? うーん、よく分からんが、毎月3万円を30年間払うんだろう? 1年を12カ月だとして、30年間で360カ月、毎月3万円なら、合計で1080万円もかかるじゃあないか」

 

言われてみれば、そのとおりだ。しかし、30年間で1080万円なら、毎年36万円。保険や年金と考えれば、妥当な金額ではないか。

「しかし・・・、それは楽しいのか?」

「同じお金を使うなら、不動産を買って家賃を得るのが、確実なビジネスだと思ったんだよ。独立して、営業して回るなんて、今はとてもじゃないが、考えられない」

 

「しかし・・・、それは楽しいのか?」

 

「正直に言えば、よく分からない。マンションを買ってから1年になるけど、特別なことはなにもしていない。でも、なにもしなくても家賃が入ってきているという事実に思いを巡らせると、楽しいような気もする」

 

「うーん、俺にはよく分からない」

 

まあ、いいさ。オレはチューハイのお代わりを注文した。

 

あえて言わなかったけれども、味沢とオレには大きな違いがある。彼は結婚していて、奥さんが働いている。つまり、味沢が会社を辞めたところで、家計の収入が途絶えるわけじゃない。

 

オレは独身だ。そして母親を扶養している。会社を辞めたら、翌日から無職で、収入がなくなる。そう簡単に会社を辞めるわけにはいかない。だから、よけいに家賃収入という保険が欲しかったのだ。

 

そして、オレたちは話題を変えて、週末の夜をまったりと過ごした。

 

もうお互いにいい年だから、お互いの生き方に干渉するようなことは言わない。

 

人生が80年なら、40歳は折り返し地点だ。オレは不動産で収入を安定させるという道に舵を切った。それが、他人からどのように見えようともかまわない。

マネー総合研究所 所長

1974年2月兵庫生まれ。北九州市立大卒。財形や投資など、マネーに関する専門家。
大手精密メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃年収を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。
儲からない新築区分マンション投資で失敗したサラリーマンや公務員からの相談に対して、独自のリカバリー理論で数多くの人を救った経験を持つ。

著者紹介

連載〈ノベル〉40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

 

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

杉田 卓哉

幻冬舎メディアコンサルティング

大手上場企業に勤めるサラリーマン、須藤。40歳独身。将来への不安から、副収入を求めて「新築区分マンション投資」に手を出すが・・・。可愛い声の女性担当者がテレアポでおびき寄せ、イカつい営業マンが強引にクロージング!…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧