著者紹介

奥田 昌子

内科医、著述家

愛知県(尾張)出身。京都大学大学院医学研究科修了。京都大学博士(医学)。

博士課程にて基礎研究に従事。生命とは何か、健康とは何かを考えるなかで予防医学の理念にひかれ、健診ならびに人間ドック実施機関で20万人以上の診察にあたる。著書に『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社)、『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)、『「日本人の体質」研究でわかった長寿の習慣』(青春出版社)などがある。

書籍

日本人の病気と食の歴史

『日本人の病気と食の歴史』

奥田 昌子

本書を読むだけで健康になる!長生きできる習慣と秘訣が身につく! 「日本人の体質」を科学的に説き、「正しい健康法」を提唱している奥田昌子医師。今もっとも注目される内科医にして著述家である。 本書では、日本人誕生から今日までの「食と生活と病気」の歴史を振り返り、日本人の体質に合った正しい「食と健康の奥義」を解き明かす。 《目次》 第1章 医術もまじないも「科学」だった~縄文時代から平安時代まで 第2章 食べて健康になる思想の広がり~鎌倉時代から安土桃山時代まで1 第3章 天下取りの鍵は健康長寿~鎌倉時代から安土桃山時代まで2 第4章 太平の世に食養生が花開く~江戸時代 第5章 和食を科学する時代が始まった~明治時代、大正時代 第6章 和食の〝改善〟が新しい病気をもたらした~昭和時代から現代まで ■ KKベストセラーズ Online shop https://bestsellers.official.ec/items/28696386

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧