[連載]専門医が教える「ひざの痛み」を改善させる基礎知識&最新情報

ひざ痛を持つ人の半数以上が、40代、50代に痛みを意識し始めます。多忙な日々で病院にも行かれず、湿布やサプリメントでごまかしている人も少なくありません。しかし痛みを放置すれば、近い将来歩行困難、寝たきり、認知症へと移行するリスクは激増します。原因は何なのか、適切な治療法とは。

本連載の著者紹介

横浜ひざ関節症クリニック 院長

■横浜ひざ関節症クリニック https://www.knee-yokohama.com/


手掛けた外科手術の大半がひざ関節で、変形性ひざ関節症はもちろん、スポーツ外傷も数多く担当してきた整形外科専門医。
過去にはJリーグのチームドクターを務め、前職でも難渋症例にPRP療法を用いてきた経験も持つ。


著者紹介

大阪ひざ関節症クリニック 院長

■大阪ひざ関節症クリニック https://www.knee-osaka.com/


医学博士を取得後、京都大学助教授として先進的な医学の研究にも従事。臨床では人工関節置換術も数多く執刀し、医長や副院長も務めてきた。
こうした経験から培った知識や技術を活かしつつ、困難な症例にも丁寧に向き合う。


著者紹介

東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長

■東京ひざ関節症クリニック銀座院  https://www.knee-joint.net/


東京大学医学部付属病院や関連の総合病院で勤務し、医長を務めた経験も持つ。変形性膝関節症からスポーツ整形まで手術も数多く執刀するなど、ひざ専門に診療してきた。日本整形外科学会認定 整形外科専門医。

著者紹介

東京ひざ関節症クリニック新宿院 院長

■東京ひざ関節症クリニック新宿院  https://www.knee-shinjuku.com/


東京大学病院の整形外科に入局後、複数の関連病院で医長を務めてきた。リウマチ専門医でもあり、関節外科手術や論文を数多く手掛けてきた整形外科専門医。学会や他院ドクターの勉強会に参加するなど、再生医療の研究と有用性を広める活動にも精力的に取り組む。


著者紹介

大宮ひざ関節症クリニック 院長

■大宮ひざ関節症クリニック https://www.knee-omiya.com/


東京女子医科大学の整形外科や関連病院で20年間にわたり、下肢関節を専門として外来や手術に従事。学会活動や論文の執筆にも精力的に取り組み、これまで80件以上の有益な情報を発表している。
医学博士を取得しており、東京女子医大整形外科の非常勤講師も兼任。日本股関節学会学術評議員も務める。



著者紹介

札幌ひざ関節症クリニック 院長

■札幌ひざ関節症クリニック  https://www.knee-sapporo.com/


四肢関節、脊椎、骨軟部腫瘍など整形外科の様々な分野で臨床の第一線に従事しながら、医学博士の取得、米国への基礎研究留学など、アカデミックな領域でも自己研鑽を重ねてきた。日本整形外科学会認定 整形外科専門医。

著者紹介

福岡ひざ関節症クリニック 院長

■福岡ひざ関節症クリニック  https://www.knee-fukuoka.com/


整形外科医として、これまでに2,000例以上の手術を手掛けてきた経験を持つ。リウマチ領域を専門とし、再建手術や薬物治療にも多く携わってきた。整形外科領域の研究者としても幅広く活動し、複数の論文を発表している。

著者紹介

名古屋名古屋ひざ関節症クリニック 院長

■名古屋名古屋ひざ関節症クリニック  https://www.knee-nagoya.com/


専門の整形外科領域だけでなく糖尿病や高脂血症、高血圧の管理、脳外科疾患、皮膚科疾患など、内科領域の臨床にも幅広く携わってきたドクター。内科疾患と整形外科疾患は相互に関係しあうことを念頭に、柔軟性のある診療を心掛けている。

著者紹介