[連載]現地リアルターがお届け!「サンディエゴ不動産」の最新事情

キャッシュフローを最大化できる点で注目を集め、現在ではメジャーな投資先として知られるアメリカ不動産。州が違えば別の国といわれるほど、州ごとに法整備が異なるアメリカでは特に、購入物件のエリア選びが重要となる。ハワイ、テキサス、カリフォルニアといった地域が人気を集めるなか、穴場エリアとして注目したいのがサンディエゴだ。本連載では、現地リアルターである、パシフィック サザビーズ インターナショナル リアルティの石橋 由美子氏が、サンディエゴ不動産の最新事情を紹介する。

本連載の著者紹介

パシフィック サザビーズ インターナショナル リアルティ 不動産エージェント
CIPS - Certified International Property Specialist 全米不動産教会公認 国際建物取引スペシャリスト
ABR® Accredited Buyer's Representative 全米不動産協会公認 買い手側仲介代理人 

カリフォルニア州不動産エージェントのライセンス保持。南カリフォルニアのサンディエゴでフルタイムの不動産エージェントとして活躍。自身も不動産投資家である。
短大卒業後、富士通(株)に入社。1996年、赴任者の家族として北カリフォルニアのシリコンバレーにて赴任者生活を開始。
納得のいく自身の住まいを自分の目で確かめ探したことがきっかけで不動産に興味を持ち、2007年にカリフォルニア州不動産エージェントの資格を取得。以来12年間、米国内のお客様はもとより、海外のお客様の不動産取引(不動産売買、セカンドハウス、別荘、投資物件等)をお手伝い。
豊富な知識と経験、不動産に関わる専門家との信頼のおけるネットワークによる「お客様のニーズに合わせた、納得のいくサービスのご提供」をモットーとした、ワンストップの不動産コンシェルジュサービスでお客様をサポートし、好評を得ている。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧