米国有数のリゾート都市「サンディエゴ」と日本の意外な関係

キャッシュフローを最大化できる点で注目を集め、現在ではメジャーな投資先として知られるアメリカ不動産。州が違えば別の国といわれるほど、州ごとに法整備が異なるアメリカでは特に、購入物件のエリア選びが重要となる。ハワイ、テキサス、カリフォルニアといった地域が人気を集めるなか、穴場エリアとして注目したいのが、知る人ぞ知るリゾート地「サンディエゴ」だ。本記事では、現地リアルターである、パシフィック サザビーズ インターナショナル リアルティの石橋由美子氏が、サンディエゴの最新事情を紹介する。

姉妹都市提携を結ぶ「サンディエゴ市」と「横浜市」

住宅地から少し車を走らせると美しい海岸線と砂浜があり、自然や温暖な気候に恵まれているサンディエゴ。そのハーバーには、全米トップ5に常にランクインしているサンディエゴヨットクラブを有しています。マリーナに停泊している約600隻のフローティングボート、そしてパーキングに置かれている600隻余りものボートはリゾート地の象徴です。サンディエゴはまさに、街と融合した個性的なリゾート地といえます。

 

サンディエゴ市は、アメリカ合衆国の南カリフォルニア州サンディエゴ郡にある西海岸有数の世界都市であり、カリフォルニア州内ではロサンゼルスに次いで2番目に人口が多い都市です。そして、サンディエゴ郡に所在する18ある市のなかの1つがサンディエゴ市です。

 

サンディエゴ郡の人口は約334万人と、神奈川県横浜市の人口より40万人ほど少ないというイメージです。そのなか、サンディエゴ郡に住む日本人の数は約2万人といわれています。また、サンディエゴ市の人口は約140万人です。カリフォルニア州のなかに日本列島がすっぽり入るという感じで、サンディエゴ市の面積は秋田県とほぼ同じです。

 

神奈川県横浜市とサンディエゴ市は姉妹都市提携を結んでおり、今年で62周年を迎えます。また、長崎県の佐世保港とサンディエゴ港は、1982年に姉妹港提携を結んで以来、今年10月で37周年となります(以下、「サンディエゴ」とはサンディエゴ郡全体を意味します)。

 

サンディエゴ港
サンディエゴ港

 

◆基地の街

 

前回の記事(関連記事『トップガンのロケ地「サンディエゴ」を現地リアルターが紹介』参照)でご紹介したとおり、映画『トップガン』の舞台にもなったサンディエゴは基地の街でもあります。約12万人の軍関係者と家族が暮らす全米一のミリタリータウンで、佐世保港と姉妹港ということもあり、多くの日本人女性がミリタリー家族として居住しています。

 

◆ハイテクの街

 

20世紀後半、軍需産業の衰退後、軍需企業を離れた技術者達が独自に起業したITやバイオテクノロジーのベンチャービジネスが、主要産業である観光産業と肩を並べるほどに急成長しました。情報通信関連の企業で、通信用半導体で世界に知られている、テレコミュニケーションの最大手クアルコムの本社をはじめ、バイオ、製薬、医療機器の企業などが集結をはじめています。

各国企業の工場を有するため、多くの駐在員が生活

◆国境の街

 

1848年以前はメキシコ領であったことから、サンディエゴという地名はもとより、スペイン語に由来した通りの名前も数多く見受けられます。サンディエゴのダウンタウンから国境までは約24キロ。メキシコ北部のティファナという都市には、アメリカをはじめ、日本、韓国、台湾などの企業が工場を設立しているため、駐在員とその家族がサンディエゴ側に生活しており、双方から国境を越える人々は1日延べ30万人に及びます。

 

サンディエゴ国際空港
サンディエゴ国際空港

 

◆交通機関

 

サンディエゴの主な交通手段は車。ロサンゼルス国際空港へは車で約2時間ほどで行けます。市内にはサンディエゴトローリーが走っており、鉄道、長距離バスがロサンゼルス− サンディエゴ間を結んでいます。

 

このように、地理的環境に恵まれたサンディエゴは「起業に最適な街」「自然保護/環境保全No.1」「大型イベント/学会開催の中心地“コンベンションシティ”」と様々な賞賛を得ています。これらが、サンディエゴが「アメリカで一番素敵な都市」と呼ばれる所以でしょう。

 

 

石橋 由美子

パシフィック サザビーズ インターナショナル リアルティ 不動産エージェント

 

パシフィック サザビーズ インターナショナル リアルティ 不動産エージェント
CIPS - Certified International Property Specialist 全米不動産教会公認 国際建物取引スペシャリスト
ABR® Accredited Buyer's Representative 全米不動産協会公認 買い手側仲介代理人 

カリフォルニア州不動産エージェントのライセンス保持。南カリフォルニアのサンディエゴでフルタイムの不動産エージェントとして活躍。自身も不動産投資家である。
短大卒業後、富士通(株)に入社。1996年、赴任者の家族として北カリフォルニアのシリコンバレーにて赴任者生活を開始。
納得のいく自身の住まいを自分の目で確かめ探したことがきっかけで不動産に興味を持ち、2007年にカリフォルニア州不動産エージェントの資格を取得。以来12年間、米国内のお客様はもとより、海外のお客様の不動産取引(不動産売買、セカンドハウス、別荘、投資物件等)をお手伝い。
豊富な知識と経験、不動産に関わる専門家との信頼のおけるネットワークによる「お客様のニーズに合わせた、納得のいくサービスのご提供」をモットーとした、ワンストップの不動産コンシェルジュサービスでお客様をサポートし、好評を得ている。

著者紹介

連載現地リアルターがお届け!「サンディエゴ不動産」の最新事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧