前回は、「プライベート・エクイティ投資」について解説しました。今回は、ファンドの投資対象としての「コモディティ」「不動産」の特徴について見ていきます。

「連年贈与」のウソ・ホント!
税務調査で否認されない
“生前贈与”の進め方

8/1(木)>>>LIVE配信

リーマンショック時、分散投資先として注目された「金」

コモディティ投資とは、商品先物市場で取引されている金・銀・プラチナなどの貴金属、原油・ガソリン・天然ガスなどのエネルギー、小麦・とうもろこし・大豆などの穀物、銅・アルミなどの非鉄金属といった各種商品(コモディティ)に投資をすることを指します。


「有事の金」という言葉を聞かれたことがあると思いますが、以前は戦争や政治体制の不安定化などが起こった時に上昇することが多くありました。最近では、リーマンショックやギリシャ危機などの経済危機の時も価格の上昇が見られます。リーマンショックの時に、世界同時金融危機で株式が40%を超える大幅の下落をしました。一方、金は20%強上昇したことから、分散投資先として注目されました。

 

\投資対象は株式、債券だけではない!/ 金融資産1億円以上の方向け
「本来あるべきオルタナティブ投資 >>他、資産運用セミナー多数開催!

 

Jリートに比べて最低投資金額が高い「私募リート」

不動産に投資する方法としては、以下の4つに分けられます。


(1)現物不動産投資 


不動産そのものへ直接、投資をする。


(2)私募ファンドへの投資


機関投資家などの特定の投資家向けに私的な募集で販売される不動産証券化商品。クローズド・エンド型、有期限で組成されます。運用期間が終了する時に、不動産市況が悪化していた場合、キャピタルロスが生じる場合があります。


(3)私募リート(不動産投資信託)への投資


機関投資家などの特定の投資家向けに私的な募集で販売される非上場オープンエンド型の不動産投資信託。


(4)Jリート(上場不動産投資信託)への投資


証券取引所に上場している、一般に誰でも購入することが出来るクローズド・エンド型の不動産投資信託。組み入れの不動産の価値に加え、証券市場の要因を受けやすい為、価格変動が大きくなります。

上記の中でオルタナティブ投資という面では、私募ファンドと私募リートが主な対象となります。これらは、Jリート(上場不動産投資信託)に比べて、「最低の投資金額が大きい」「価格変動は不動産市況の変動に限定されるので株価との相関性が相対的に低い」「流動性が限定的」といった特徴があります。

 

投資対象としては、オフィス、商業施設、物流施設、ホテル、住宅などがあり、各々の対象に特化したファンドや、いくつかの投資対象に幅広く分散したファンドなどがあります。

 

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

 

【7/27開催】認知症対策だけじゃない!
数世代先の相続まで見据えた

資産管理・承継ができる「家族信託」活用術

 

【7/30開催】“マイクロ法人”のメリットを
最大限に享受できる「相続対策」の進め方

 

【8/1開催】「連年贈与」のウソ・ホント!
税務調査で否認されない“生前贈与”の進め方

 

【8/3開催】「暦年贈与」と「相続時精算課税」
どちらを選ぶ?改正のおさらい&これからの相続税対策

 

【8/3開催】2024年、相次ぐ建設会社の破産
―今後の展望と 投資家大家が備えるべきこと

 

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録