賃貸物件の客付けにおける不動産検索ポータルサイトの重要性

今回は、賃貸物件の客付けにおける不動産検索ポータルサイトの重要性を見ていきます。※本連載は、株式会社リーシングジャパン代表取締役・沖野元氏の著書『大家さんのための客付力』(週刊住宅新聞社)の中から一部を抜粋し、客付けを成功にさせるために必要不可欠な、大家の営業戦略を紹介します。

サイトへの掲載がない=スタートラインに立てていない

突然ですが、あなたに質問です。

 

不動産会社のホームページと不動産検索ポータルサイトではどちらのほうがアクセスが多いでしょうか?

 

答えるまでもないかもしれません。ポータルサイトのほうが圧倒的にアクセスがあるのです。多くの物件はポータルサイト上で競争をしています。ですから自分の物件がポータルサイトに掲載されていないということは、スタートラインにさえ立てていない状況といって良いでしょう。これは競争以前の問題なのです。

 

特にホームズ、スーモ、アットホームという3大ポータルサイトには掲載されていなければなりません。もしご自身でそれを把握していないということであれば、問題です。いったんこの本を横に置いて、先の3大ポータルサイトを検索し、自分の物件を探してみてください。もし掲載されていないようであれば、募集をお願いしている業者に連絡し、掲載してもらうようにお願いしてください。

 

これらのポータルサイトには、大家さんが直接物件を掲載することはできません。不動産業者を通して掲載してもらう形となります。そうすると、掲載をお願いするしかないのです。できれば3大ポータルサイトすべてに掲載してもらうようにしましょう。

 

ただ、ここで注意点があります。不動産業者がこれらのポータルサイトすべてと契約していれば良いのですが、ホームズのみ、スーモのみということもあります。そこは各業者に確認した上で、募集をお願いしてください。

3大ポータルサイトのそれぞれの特徴とは?

続いて3大ポータルサイトのそれぞれの特徴です。

 

①ホームズ

ホームズは、物件の検索が非常にやりやすいですね。やってみればわかりますが、さくさくと動きます。ユーザビリティー(ウェブサイトの使いやすさ)を追及しているからこそです。慣れるとこれだけ使いやすいサイトはないでしょう。スマートフォンのアプリも使い勝手がよくできています。ただ機能上業者の物件コピーが容易なので、検索結果一覧に同じ物件を複数の業者が取り扱うことがしばしばあり、同じ枠内で表示されますがお客さまにとって若干わかりにくいのではないかと思います。

 

②スーモ

スーモは写真が多く、信頼性の高いサイトです。スマートフォンのアプリの使い勝手はいまひとつといったところです。ただテレビコマーシャルのせいか、アクセス数は多いので掲載されれば反響はあるでしょう。

 

③アットホーム

前の二つに比べて若干地味ですが、健闘しています。信頼性も高く、アクセスもあります。ホームズ、スーモには掲載されていない物件が掲載されていることが多いです。スマートフォンのアプリの使い勝手は、まずまずと言ったところです。

株式会社リーシングジャパン 代表取締役

広島県出身。日本大学経済学部卒。教育産業、貿易業等に従事した後、大手不動産会社入社。その後、渋谷の不動産会社へ転職。平成21年、株式会社リーシングジャパン設立と同時に代表取締役に就任。賃貸・売買仲介、中古物件再生事業、管理を中心に、客付けに特化したリーシングコンサルタントとしても活動。また、一般財団法人日本不動産コミュニティ(J‐REC)の監修する不動産実務検定の人気講師として、これまでに多数の受講生を輩出。平成26年7月よりJ‐REC東京第2支部の支部長を務める。講演・執筆多数。

著者紹介

連載勝ち組大家になるための「客付力」の高め方

大家さんのための客付力

大家さんのための客付力

沖野 元

週刊住宅新聞社

本書では、今まであまり明かされることのなかった不動産賃貸の仕組みを、わかりやすく解説し、「大家検定」人気講師が17年間培ってきた満室にするノウハウを大公開しています。 今まで空室対策を行っても効果がなかなか出ない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧