外国人労働者の採用時に確認すべき「在留カード」の記載事項

今回は、外国人を就業させる際に必ずチェックしておきたい、「在留カード」に記載されている情報について見ていきます。※本連載は、至誠法務労務サポート代表、社会保険労務士、行政書士の井出誠氏が、経営者が外国人を雇用する際の基礎知識を解説します。

長期間在留する外国人を対象に交付される「在留カード」

現在我が国においては、平成24年からスタートした新たな在留管理制度の下、日本に中長期間在留する外国人を対象として、「在留カード」が交付されています。この在留カードには、その交付を受けた外国人に関する情報が記載されていて、常時携帯が義務付けられています。

 

会社経営者が、外国人を採用する場合、その者のパスポートと一緒に在留カードの内容を確認しチェックする必要があります。故に、外国人の採用をお考えの経営者は、最低限、在留カードとはどのようなもので、どんな内容が記載されていて、どんなことをチェックすればいいのか知っておく必要があります。

 

まず、「在留カード」とは、入管法上の適正な在留資格をもって我が国に中長期間(3か月以上)在留する外国人を対象に交付されるカードです。ですから、特別永住者等一部の例外を除けば、在留カードを持っていない外国人というのは、短期滞在者や在留資格を有しない不法滞在者等ということになります。故に、採用する外国人が、在留カードを所持していない場合、どんなにその人が優秀でも、当然その者を雇入れることはできません。

合法的な雇用のために必ずチェックすべき項目とは?

さて、在留カードにはどのような情報が記載されているでしょうか。チェック事項とともに確認していきましょう。

 

まず、在留カードには、その者の【顔写真】が表示されています。必ずこの写真と外国人が同一人物か確認してください。ただし、在留期間が16歳の誕生日以前までとされている在留カードには顔写真は表示されません。

 

次に、その者の【氏名や生年月日、性別、国籍】等の基本的な個人情報及び日本における【住居地】も記載されています。住居地に関しては、変更があった場合、裏面に新たな住所が記載されていますので、必ず裏面もチェックしてください。

 

そして、ここからは、在留資格等に関する事項です。

 

現在付与されている【在留資格】をまずチェックしましょう。ここには、「技術・人文知識・国際業務」や「技能」などといった、その者に付与されている在留資格が記載されます。そもそも、採用しようとしている職種と関連性のない在留資格が記載されていれば、雇い入れることはできません。

 

続いて【在留期間と在留期間の満了日】をチェックします。この在留期間の満了日が既に過ぎている場合は問題外ですね。更新手続き中でないなら、不法滞在です。また、在留期間の満了日が迫っている場合には、急いで在留期間の更新手続きを入国管理局に申請する必要が出てきます。

 

最後に、留学生をアルバイトで採用しよう、とお考えの経営者は、表面の【就労制限の有無】と裏面の【資格外活動許可欄】を必ずチェックしてください。通常、在留資格が留学となっていれば、日本で学業をするための在留資格であって、就労するための在留資格ではないので、【就労制限の有無】に就労不可と記載されています。

 

しかし、留学生であっても、入管から資格外活動許可を受けていれば、一定時間は働くことが許されています。その確認のため、裏面の【資格外活動許可欄】をチェックします。
【資格外活動許可欄】に「許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く」という記載があれば、アルバイトとして採用できる留学生ということになり、この欄にその記載がなければ、まだ許可を得ていないということですので、アルバイトとして採用できないということになります。

 

「在留カード」には、チェックすべき重要な内容が多く記載されていますので、必ずご確認ください。

社会保険労務士ブレースパートナーズ 代表
行政書士ブレースパートナーズ 代表
一般社団法人外国人雇用支援機構 理事 社会保険労務士(東京都社会保険労務士会所属)
行政書士(東京都行政書士会所属)

1975年東京都八王子市生まれ。中小企業の人事労務管理、外国人雇用支援、外国人就労ビザ手続サポート業務を中心に活動。

〈取扱業務〉
外国人雇用コンサルティング(外国人就労ビザ申請・外国人起業サポート等)
人事労務コンサルティング(人材採用コンサルティング・高齢者雇用支援・労使トラブル対応等)

〈著書〉
『相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)

〈ウェブサイト〉
行政書士/社会保険労務士ブレースパートナーズ
https://www.visa-consulting.tokyo/
https://brace-partners.com/

著者紹介

連載経営者が押さえておきたい「外国人雇用」「就労ビザ」の基礎知識

本連載は書下ろしです。原稿内容は掲載時の法律に基づいて執筆されています。

※外国人就労ビザ相談センター八王子
http://www.visa802.com/

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧